FC2ブログ

ケストラーさんのミトンを編みました

先日大内いづみさんのi-code手袋を編みましたが
もうひとつ、今期気になっていた編み物本、それがケストラーさんのミトンの本なのです。



「親指から一気に編める」
という謳い文句、そして表紙のなんとも摩訶不思議なカタチ。
気になって仕方ないので、ついつい買ってしまいました。(あー、また本が増えるぅ)
そしてさっそく、編んでみました。

IMG_0939.jpg

まずは基本からでしょー、と思いまして、こちらの上の「基本のトライアングル」にしました。
編み方説明のページは親切で、過程がすべて写真で説明されていまして、
その写真が5本針で編んでいたので、最初その通りにやってみたのですが…

16目を4本の針に分けて輪に編んでいると、もうまどろっこしくてイラッとしてくるわ
針がするっとすっぽ抜けて落ちるわで、あっというまに挫折しました(>ω<)

それで80cm輪針に変えて、マジックループで編み始めたのですが
親指パートが終わって、本体パートに入ると、2段ごとに8目増し目をするので
けっこうな勢いで目数が増えていくわけです。
だんだんマジックループもつらくなってきて、これは60cm輪針に変えれば
普通に輪で編めるんじゃないかと、全体で110目を越えたあたりで
60cmに変えてみたのですが

無謀でした
編目がぱっつんぱっつんになって、非常につらかったです。
でもまた針を変えるのが面倒だったので、そのまま突き進みました。

もう片方を編む時は、そんな失敗を教訓として
親指パートを終えて目数が増えてきたあたりで、60cm輪針の2本使いにしてみました。
真ん中にマーカーをつけて。
これはすごく編みやすかったです。
編み間違えないように、1本を竹輪針(ニーナ)、1本をaddiにしました。
(それでも普通に間違えたりもしましたが…)


IMG_0933.jpg

糸は毛糸Zakkaストアーズのコリーヌです。
本体をcol.02のサンドベージュ、ゴム編み&親指をcol.08のテールグリーンで編みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Colline(コリーヌ)【ウール75%・ナイロン25%/合細-中細/約40g玉...
価格:309円(税込、送料別) (2017/12/11時点)


この糸、毛75%ナイロン25%なので、靴下編みにいいかなと思って買っていたのですが
防縮ウールではないんですよね。
とりあえずミトンを編んで、洗ったらどうなるか、試してみようかなと。

糸玉の状態よりも、編地になったほうがいい感じの糸でした。
ほんとに販売ページの宣伝文句通り、杢調なところがいい雰囲気になってます。


ところで本の指定糸はメイクメイクソックス(25g98m)で指定針は5号。
コリーヌは40g160mで使用針は3号。
なのでサイズ的に大丈夫か一抹の不安はあったのですが、
ケストラーさんはこのようにおっしゃっています。

 親指サイズさえ合えば、後は不思議にも自然にフィットするのです。
 自分の手の大きさになるまで、ただ編み続ければよいのです。


この力強いお言葉を信じ、あまり深く考えず編み続けました。
そして本の通り、34段編んで、指先部分をアイスランディック止めにしました。
この止め方、初めてやりましたが、割とスムーズに止められました。
慣れれば伏せ止めより早いかも?
ただ、私の止め方がきつくなってたのか、伸縮性がいまいちでした。
あとで止め方ページの注意書きに「ゆるめに止めるのがコツです」と書いてあるのに
気がつきました(//>ω<)

それからサイドの部分をかぶせはぎしてからアイスランディック止めにして
そのまま手首側の目を輪にしてゴム編みするのですが
ゴム編みの途中で手にはめてみて、どうもゆるいことに気づきました。

んん?指定より糸も針も細いのにゆるいとは、これいかに?
と悩みつつ、よくよく本を見直したら、この「基本のトライアングル」って
メンズサイズだということに気づきましたー・゚・(つД`)・゚・

そもそも自分サイズの決め方という図解がちゃんとあって
「自分の手の幅になるまで編む」って書いてあるのに、ぜんぜん見てなかったー。

仕方ないのでほどきましたが、かぶせはぎ+アイスランディック止めしたところが
なかなかほどけなくて苦労しました。
普通ならするするほどけるはずですが、この糸、よりが甘くて糸割れしやすいもので
かぶせはぎの時か、アイスランディック止めの時か、両方か
とにかく糸を割っちゃってたみたいで。

ほどいて自分サイズにしたんですが、指先部分のゴム編みを始めるところまで
さかのぼってほどくのが面倒だったので、指先のゴム編みはナシにして、
そのままメリヤス編みを伏せ止めにしちゃいました。

サイドのかぶせはぎ+アイスランディック止めも面倒だったし、またほどくはめになったら
などと考えてしまって、ふつうにかぎ針で引き抜きはぎにしちゃいました。

IMG_0942.jpg

しかしこのミトン、左右の区別がなくて、まったく同じものを編むわけですが
引き抜きはぎにすると、表側と裏側がはっきり違うので
手にはめた時に、左右で違ってしまうんですよね。
まあ、自分用だし、これはこれで良いことにします。

IMG_0936.jpg

しかし、指先側がメリヤスを伏せただけなので、当然クルンってします。
こういうデザインもありっちゃありだよね、などと自分に言い聞かせましたが
やはりどうもね、気になるので、あとからテールグリーンでゴム編みを編み足しました。


・・・紆余曲折を経て、完成

IMG_0949.jpg

ホントに不思議なかたちですよね。
でも、手にはめるとすごくフィットするんです。
人の手のひらってまっすぐじゃなくて、カーブしてるけど、そのカーブ通りの
かたちに編みあがっているからでしょうか。


IMG_0960.jpg

腕が短いので、せいいっぱいの引きの画でもコレです。

本では、メイクメイクソックス5号針で婦人用は28段ゴム編み32目ですが
私は30段34目で仕上げました。
糸の使用量は22gでした。
ちょっとした余り糸でも編めますね。
次は風車のタイプをソックヤーンで編みたいです.゚+.(・∀・)゚+.


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/12 (Tue) 06:32 | # | | 編集
Re: No title

コメントありがとうございます。
拍手コメントも嬉しく読ませていただいてましたが
返信できないので、心苦しく思っていました。

褒めていただいて、ありがとうございます!
むしろ、褒めすぎですよーー。
でもとっても嬉しいです。
この手袋は本当に手にフィットして感動なので
ぜひ編んでみて欲しいです。

karoさんのサイトも少しお邪魔しましたが
靴下も刺繍もすごくステキで眼福でした。
またこれからゆっくり見せていただきますね。

2017/12/12 (Tue) 22:54 | se2co #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する