春に向けて、ローズピンクのコットンでショールを編んでます…が、

もう2月も終わってしまいますね。
とはいえ、今日はまだまだ寒いですね。

しかし、販売用にはそろそろ脱ウールしなくてはと思い、
昨年春に編みかけていた、コットンのショールを引っ張り出してきました。

IMG_0385.jpg

くしゅくしゅで何が何やらわかりませんが…

IMG_0383.jpg

私にしては珍しく、マジメにスワッチを編んでました。
ちゃんとゲージもメモってあって、すごい、エライと思いました。

メモによると、6号棒針で 20目32段 らしいです。
糸は綿100% 40g95m

ノバメタルで編みかけていたので、そのまま編み続けたのですが
やっぱりノバメタルはいいな!と久々に思いました。

昔の軽金属の針のカシャカシャ音が苦手だったので、ノバメタルも最初
敬遠していたのですが、初めてノバメタルを使ったとき、
全くカシャカシャ音も気にならないし、なんてなめらかなんだろう!
と、感動したのを思い出しました。

最初はお試しで1本だけ買ったのですが、すぐセットで揃えてしまったほどです。







竹針至上主義の私ですが、ノバメタルやaddiは使ってみると
やっぱりいいなぁといつも思います。
addiほどではないですが、ノバメタルも針先はそこそこシャープなので
3目一度とかも編みやすいです。

糸は在庫糸なのですが、例によって廃番らしいので、買い足しできません(`;ω;´)
残り糸でどのくらい編めるか計算するため、編んだ分だけ
スチームをあてました。

IMG_0395.jpg

ここまで100gで86cmくらい。
計算上は残り糸で幅30cmのショールが150cmくらいまで編めそうです。

ただ、始めと終わり部分が編みっぱなしだとイマイチなので縁編みしたい。
その分を残しておかなくては…しかし糸を余らせたくはない
きれいに使い切りたい!
というと、えー、どうしたらいいのか
また考えたいと思います。

IMG_0392.jpg

リーフ模様というか、ダイヤ柄というか
今回は裏で操作がないし、規則的な模様なのであまり苦労せず
編みかけの途中からでも、すんなり編めました。

…などど、油断していたらとんでもない編み間違いをしていて、
ひと目でわかる間違いなのに、気付かず6~7cm編み進んでいました。

透かし模様をほどくのいやだな~(´д⊂) と、おそるおそるほどいたのですが
裏の操作がなくて、裏からはすべて裏編だったせいか
掛け目もなんとか普通に拾えて、ヤレヤレと慎重に編み直しました。

ほどいた分の糸を編み終えて、やっとスタートラインだ!と
あらためて編み地を見ると、なんかね
…なんかリーフというかダイヤというか、その柄がね、
ちょっと長くない?って思う部分があって

いやいやいや、こんなに慎重に編んだんだよ?
気のせいだよね~
そうそう、気のせい気のせい
って自分に言い聞かせて、さらに2段くらい編んだところで

自分にウソはつけない
現実を直視せよ!と、自分の中の正義っぽい人が言うので
しかたなく、またほどきました。゚(゚´Д`゚)゚。

結局、2時間くらい無駄にしてしまった。
最初の間違いはともかく、編み直してなお間違え、しかもそれを認めず
さらに編み進んだあたり、…痛恨なり…
自分の未熟さを思い知りました。

反省しつつ、さらに慎重に、しかし早めに仕上げたいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する