スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ravelryより、「Maluka」を編みました

前回の更新から1ヶ月経ってしまいました(。>ω<。)ノ
日記的なものは三日坊主になりがちなので、自分でも予感はしていましたが
案の定でした(//>ω<)

いちおう編むことは編んでいましたよ。
お友達の依頼のハンドウォーマー&ネックウォーマーやキャスケット
そして、なんとなくRavelryを眺めていたら、どうしてもショールが編みたくなって
それも「Maluka」というのが気になって、自分用に編んでみました。



英文パターンはあまり編んだことがなくて、過去に編んだのは
Fetching、Star Crossed Slouchy Beret、そしてhoney cowl
…ホントに簡単な小物ばかりですね。
全部編みやすくて素敵なパターンで、不慣れな私でも英文もなんとか理解できて
Fetchingは自分用、友達用、母にプレゼント用に3点も編んでしまいました。

今回のMalukaは編み図も載ってるし、なんとかなるデショと編み始めてはみたものの
けっこう苦戦しました( TДT)
まずボーダー部分を15リピート位編んだところで、どうも完成品の写真と模様が
違うような気がする。
そして気づきました。
これは表から見た日本式の編み図ではないのだと!
そのまま図に書いてある通り編めばいいのですね。
全ほどきして、1から編み直しですよ。

今度はちゃんと正しい編み方で編めてると思いつつ
少ない目数でひっくり返すこのボーダー部分が私には鬼門というか
飽きてきて、だんだん眠くなるのです。
パターンだと33リピートですが、どうも短めの仕上がりになると
先人の皆様のレポートやブログにかいてあるので、40リピートに増やしました。

DSCF2174.jpg

なんとかボーダー部分が完成。ほぼ1週間かかりました( /ω)
ボディ部分は最初パターン通りに2目1度してひっくり返してすべり目
でやってみたのですが、どうも穴が空いたみたいになるのが気になって
これはそういう模様なのか?と思いつつ、また先人の皆様のレポートなどを参考に
真ん中にマーカーを入れ、5目ごとに編み進む引き返し編みにしてみました。
ここで「英文パターンハンドブック」を見ながら、wrap & turn というものに
初めてチャレンジしてみましたよ。
というか、すごく簡単でキレイに引き返し編みができて、感動しました!
最後はアイレットを入れて、止めはElastic Bind Offというのにしてみました。
ボディ部分は楽しくて1日で完成!

仕上げは普段はいつもスチームアイロンなのですが、英文パターンのショールの
仕上げといえば水通し&ブロッキングでしょーという思いこみから、
これも初の wet blockingに挑戦してみました。
ブロッキングにちょうど良さそうなマットがなかったので、Amazonで
ジョイントマットを買いました。



このマット、色によって値段が違うんですよね。
特にこだわりもなかったので、そのとき一番お安かった抹茶色のにしました。
1セットで足りるか不安だったので、2セット注文。

DSCF2179.jpg

結果的には1セットでもギリ足りたかな?
でもまあ今後もっと大物を編んだときのブロッキングに備えて、2セット買っておいた
ということにしておきます。

2目1度をなくして引き返しにして、元のパターンに比べて幅が狭くて長さが出たので
ショールというよりマフラー寄りの仕上がりになってしまいましたが
これはこれで使いやすそうなので、良かったです。

DSCF2186.jpg
DSCF2190.jpg
DSCF2203.jpg

使用糸:はいあむ中細のチャコールグレー(50g190m)
使用量:95g、361m
使用針:6号80cm輪針
仕上がりサイズ:中央部の幅=28cm ボーダー部の長さ=160cm


英文パターンのショール、失敗も苦労もありましたが、色々新しい発見があって
楽しかったです。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
また編みたいな!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。