なわ編み針イロイロ比較:マイなわあみ針コレクション

1週間以上間があいてしまいました。
コンスタントにブログを書くって、難しいものですね(つД`)ノ

今日は私の大好きなアラン模様に欠かせない、なわ編み針について
書いてみたいと思います。

私の持っているなわ編み針を勢揃いさせてみました。

DSCF1442.jpg



DSCF1445.jpg
DSCF1446.jpg

このふたつ、非常に似てますね。
上はハマナカのです。

【ハマナカ】なわあみ針 【category4-13】

【ハマナカ】なわあみ針 【category4-13】
価格:241円(税込、送料別)


実は私が一番好んで使ってるのがコレです。
本当は3本セットなんですが、中でも使用頻度の高い真ん中のサイズが
行方不明になっていて、悲しいです(´;ω;`)
中央のω←この部分がじゃまくさいという方がいるかと思いますが
私はそこが好きなんですよね。

下の黄色はギンガムさんで売ってる100円のやつです。

なわあみ針2P

なわあみ針2P
価格:108円(税込、送料別)



色が違うだけで、ほぼ同じ。
ハマナカの一番太いサイズを抜いた2本セットというかんじです。
使い勝手も、私は特に違わないと思いました。
ただ、色が緑のほうが好きなので、ハマナカを使うことが多いです。

DSCF1651.jpg

これは、昔ながらの王道クロバーのやつです。
中学の頃に買ってもらった棒針セットに入っていました。
昔すぎて、現行のものと色が違ってますね。
一番細いのなんて、金属ですよ!軽いので、アルミでしょうか?
ハマナカのやつを入手するまでは、コレが私のメインなわあみ針でした。
(というか、コレしかなかった)



DSCF1655.jpg

こちらは比較的新人さん、といってもずいぶん前からありますが
U型のタイプです。


使いやすいという評判を聞いて買ってみましたが、私はちょっと苦手でした。
どっちから編み目に入れるのか、いつもわからなくなってしまうのですね。
最近やっと把握しました。
短い方から差し込んで、編み目を休め
そして長い方で編むのです!


この事実に気づいてからは、うん、けっこう使いやすいんじゃね?
編んでる時じゃまにならないし、評判が良いだけのことはあるわ~。
と、見直したのでした。(今さら!?)(しかも上から目線?)


DSCF1447.jpg

こちらはニットプロのシンフォニーウッド。
なわ編み針にしては珍しい直線タイプです。



交差がたくさんあるデザインだと、いちいちなわあみ針の凹部分に編み目を移動させるのが
面倒になってきて、直線のこちらの針を発見した時は、「コレだっ!」と思って
さっそく手に入れてみたのです。
なんといっても木だし、おしゃれ!所有欲が満たされます(* ´ ▽ ` *)

で、実際使ってみると… うーん、イマイチ?
直線なのでそのままだと目が落ちてしまうため、滑り止めの溝が彫ってあるのですが
その溝にひっかかって、編み目の移動がしづらくて、イライラ。

しかしこの針には別の使い道ありました!
手袋の親指穴を開けるのに、別糸を編み込む方法と
目を休めて、上部に作り目する方法とありますが
私は目を休める派です。

その、目を休めるのに、このなわあみ針がちょうどいいのです。
別糸にとると、後で親指を編む時にまた針に戻さなければなりませんが
これだとそのひと手間がいらない。
親指を編み出すときにそのまま編めて便利。
溝があるので、ウールなら抜け落ちることもまずないです。

そんなわけで、うちのシンフォニーウッドなわあみ針は、
なわあみ以外の活路を見出したのでした。
あ、それから、ショールピンの代わりにも使えるそうですよ。


DSCF1448.jpg

こちらもニットプロですが、アルミタイプ。
細めの2本セットと、太めの2本セットがあります。



これが、どちらもやけに長い!
特に太いタイプは笑っちゃうくらい太く長くデカイです。
長さは13cm~14cmありました。(日本製は10cm~12cmくらい)
こちらは、5目×6目とか、たくさん目を交差させるときは便利ですね~。
あと超極太糸を編むときとか。
それ以外は長すぎてちょっと邪魔かも(>ω<)

ただ、細いタイプの2.5mmは、編み針ゲージで測ったら、2.4mmの穴も通りました。
日本の1号針くらいですね。
日本のなわあみ針は一番細いのでも3号くらいですから
細いなわあみ針が欲しい場合は良いのではないかと思います。



【なわあみ針 太さ比較】

太さといえば、日本のなわあみ針って、サイズが「細・中・太」とかで
けっこうアバウトですよね。
この機会になわあみ針の太さを測ってみました。
といっても、日本規格のあみ針ゲージしか持ってないので
ちょうどはまるもの以外は、だいたいの太さです。

ハマナカ緑凹タイプ :3.0mm     ?mm    5.9~6.0mm
ギンガム黄色凹タイプ:3.1~3.2mm  4.5mm
クロバー凹タイプ   :2.9mm位   4.3~4.4mm 5.3mm位
クロバーUタイプ    :3.0mm    4.1mm位   5.0mm位

ニットプロシンフォニーウッド:3.25mm 4.0mm  5.5mm
ニットプロアルミ細  :2.5mm    4.0mm
ニットプロアルミ太  :6.0mm    8.0mm

ちょっと意外だったのは、まったく同じに見えたハマナカとギンガムは
微妙に太さが違っていました。
行方不明中のハマナカの真ん中サイズは何mmだったのか、もしかすると
太さがちょうど良いので好きだったのかもしれません。

それからクロバーも凹タイプとUタイプで太さが違う…。
これは、私の凹タイプが旧式だからかもしれませんが。
なんだかもっとなわあみ針収集したくなってきました。
使うためというより、コレクションですね。

実は今は2~3目位の交差だと、なわあみ針を使わない方法で
やっちゃってます(*ノω・*)テヘ

しかし、太糸の時など無理してそれやると、目を落としちゃって
修復するのにすごく時間がかかって、初めからなわあみ針使えばよかった(TдT)
なんて後悔することも多々あるので、やはりなわあみ針は大切な相棒です!



【なわあみ針:おすすめは?】

で、どのなわあみ針がいいのよ?という話になるかもしれませんが
結論は 人によって違う
としか言えないです。
私のようにハマナカ大好きの人もいれば、クロバー命の人もいるし
凹型が使いやすい人もいれば、U型じゃなきゃムリ!な人もいます。
イロイロ試してみるのがいいんじゃないかと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する