『バスケット編み』を買いました!

嶋田俊之先生の本は、とにかく中身が濃い~ですよね。
実際本の中の作品をそのまま編むことはあまりないですが
知らない技法に出会えたり、先生のすごいこだわりに感動したり、
何かと新しい発見があるので、ついつい買ってしまいます。

今回の『バスケット編み』も、中身を見るまでは
「バスケット編みだけで1冊?そんなにネタあるのかなぁ…」
なんて思ってました。
しかし、中身を見たらすごい!
いつも通りの濃い~嶋田ワールドでした。

表紙のモザイクマフラー。
すごく微妙な色合いがバスケット編みによってより美しく見えます。
これは段染め糸だとばかり思っていたのですが、なんと1ブロックごとに
糸を付けて配色しているという…気が遠くなりそうです。
編地の裏側の写真も載せてありましたが、これは…

DSCF1713.jpg

糸始末で死ねますね
棒針編みには、かぎ針編みのように編みくるんでいくワザはないのでしょうか?

DSCF1715.jpg

この三角ストール編んでみたいです。
これは段染めのモヘアに、列ごとに添える色糸を替えてるそうなので
これなら私にもできそうです(´∀`*;)ゞ

DSCF1717.jpg

摩訶不思議なフォルムの2ウェイキャップとミトン。
バスケット編みでこんなこともできるんだ~。
帽子はネックウォーマーとしても使えるそうです。

DSCF1718.jpg


DSCF1719.jpg

この発想はなかった!と思った指なしミトン(ミテーヌというらしい)
1モチーフの半分で色を変えて、その組み合わせで風車になるとか、
いやー、すごいです。

DSCF1722.jpg

小物が中心のこちらの本ですが、ウェアも。
バスケット編みで立体的にネックを立ち上げるとか
どうなっているのでしょうか?
グレーとブルーの濃淡の繊細なグラデーションが美しいです。

DSCF1725.jpg

バスケット編みってこんな風にも使えるんだ~と思った作品。
ただ、平面で見ると美しいけど、首に巻いた姿はちょっとコレどうなの?
と、思わないでもないですが(=∀=)

DSCF1726.jpg

これは、バスケット編みということを忘れそうな、ものすごく自然になじんでますね。
木の葉もようがすてき。これは編んでみたい!

基本のバスケット編みについても、写真付きで工程ごとに細かく解説してあって
初めてバスケット編みをする人にも優しいんじゃないかと思います。



嶋田先生のすごい作品の数々の後だと、お恥ずかしいですが
私が過去に編んだバスケット編みの作品を載せてみます。

DSCF8004.jpg

1段おきに色を変えて編んだハンドウォーマー。
親指穴の開け方がわからず、苦労しました。

DSCF8087.jpg

グリーン系の段染め糸で編んだハンドウォーマー。
このときは嶋田先生の手袋本を見ながら、なんとか親指穴をクリアした気がします。
バスケット編みは段染め糸で編むのが好きなんですよね。
ブロックごとに色が変わっていくのがワクワクします。

DSCF1705.jpg

ピエロさんのオランジュで、スマホケースにしようかと編んだのですが
機種変したら、なんだか小さくないか?と思い始めて
いっそもう1枚編んで、リストウォーマーにしようかと、迷い中です。



12/4からセールなんですね。
もう毛糸の在庫がすごいことになっているので、
当分毛糸買うのは禁止にしてたんですが
以前買おうとしたときに品切れだったカラーもあるし、買ってしまいそう。(/∀\*)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する