すてきにハンドメイド:グラニーモチーフの回がとても良かった件

すてきにハンドメイドは、毎週録画して見ています。
冬になると必然的に編み物の回が増えますよね。
先週のケストラーさんの「交差せず、表編みと裏編みをずらして編むだけで、なわ編み風の編地を作る」
というのも、面白くて興味深かったです。

今回グラニーモチーフだったので、正直あまり期待はしていなかったのですよ。
グラニーモチーフは大好きだけど、そんな今さら何か新しい技法とかもないしな~…と。

番組冒頭でグラニーモチーフのベストがドーンと映し出されたときは
エッ?どうしてベスト?どうして着ちゃうの?
ストールとかブランケットでええやん?

と、期待値さらに下がりまくりでした。
ところが先生が編み始めると、いきなり作り目が新しい!

輪の作り目って
1.糸端を輪にしてその中に編みつけて、最後に糸の輪をしぼる
2.くさり編みを輪にして、その輪を芯にして編む
3.ニットリングを芯にして編む

くらいだと思ってたんです。
ところが先生はくさり編みを一目余分に編んで、最初の一目を作り目として
使っていたのです。
こうすると、編み始めの糸端を編みくるんでいけるので、最初の糸始末が不要だし
作り目自体がとってもカンタンですよね。
ニットリングを芯にするのは、糸端もくるめるし簡単だけど、
リング代の分、費用がかかりますからね。

ほえーっと感心していたら、次は糸替えのときの糸始末ですよ。
編み終わった段の糸端をチャチャッとかぎ針でくぐらせてしまいました。
かぎ針で糸始末する方法があるというのは知っていましたが
こんなに簡単でいいんだぁと、ビックリしました。
私なんかは心配性なんで、いつもとじ針でけっこう長めにくぐらせてましたが
ウールなら自然と絡み合うし、あれくらいでいいのでしょうね。

次の段の編み始めは、当然のことながら糸端を編みくるむ。
私も糸始末は大嫌いなので、可能な限り糸端は編みくるんできましたが
先生の糸始末簡単化主義は徹底していました。
こうすると、モチーフ1枚編み終わった時点ですべての糸始末が終わっているので
ほんとに数十枚・数百枚のモチーフでも糸始末の恐怖におびえることなく
気楽に編めそうです。

最後にモチーフをつなぐのも、仕上がりがきれいで、なるべく糸を切らずに済む方法で
やっておられましたね。
ここは連続編みモチーフの手法でやれば、ふち編みも含めてまったく糸を切らないで
できそうかも…と思いましたが、ベストにするため、全部のモチーフをつなぐわけではないので
こういうふうにしたのでしょうか。

今回ほんとに見て良かったです。
実際番組のとおりにモチーフを1枚編んで見ましたが、普通に仕上がりも良かったですし
編み終わったら糸始末が終わってるのが、すごく気持ちいいです。
(しかし、ベストはやっぱりどうかと思う)
あとから紹介したスヌードはかわいかったです。あれなら編んでみたい!

再放送が 総合 17日火曜 午前10時15分~10時40分
     Eテレ 19日木曜 午前11時30分~11時55分
にあるそうなので、見逃したかたはぜひ!
2015年11月26日まではNHKのサイトで動画も見られるようです。

すてきにハンドメイド NHKオンライン


編み物メインの月はテキストも買ったりしてますが、今月はどうしようかな?
ケストラーさんのも、今回のグラニーモチーフも、放映見ただけで編めそうなので(´∀`*;)ゞ




と思ったら紙書籍はネットでは品切れのお店が多いみたいですね。
電子書籍は買えるけど。
ないとなると、逆に欲しくなったりして…(´・_・`)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する