スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネックウォーマー×4、ボタン付け完了(^∇^)ノ

ボタン待ちだったネックウォーマーに、やっとボタンを付けました。

DSCF1000-r.jpg

水色で2種類のなわ編み+ハニカム模様のタイプには、素朴なココナッツボタンを。


DSCF0970-r.jpg

以前にも何度か編んで販売した定番、生成りのざっくりアランには、水牛のボタン。


DSCF0972-r.jpg

ふわふわベビーアルパカのダイヤ柄タイプには、2つ穴のウッドボタン。


DSCF0961-r.jpg

チョコレート色のなわ編みタイプには、シンプル4つ穴のウッドボタン。


手編みのものにはやはり、木や天然素材のボタンが合う気がします。
裏側には共糸や同色の細めの糸で編んだ、かぎ針編みの丸モチーフを力ボタンとして付けました。
ボタン付けにはいつもパッチワーク用の糸を2本取りにして使っています。


綿とポリエステルの混紡で丈夫だし、張りがあって針の穴に通しやすいんです。
カラーは256の生成りが何にでも合う万能色ですが
18Aがリネンっぽいグレーベージュ、47が薄めの茶色、48Aが少し赤みがかった茶色で
ウッドボタンに合わせやすいです。


針はもうずっとみすや針を使っています。
ボタン付けに限らず、手縫いにはいつもこれです。


きぬ針は細いので、薄手の布にはこちらが良いでしょうね。
私は手編みのもののボタン付けや、布ものはコットンかリネンなので、もめん針を使うことが多いです。



針穴が溝穴のものと丸穴のものがありますが、絶対丸穴がお勧めです。
ビックリするくらい小さな穴なので、最初は糸通しが大変そう~と思いますが
普通の縦長穴の針よりもスーッと糸が通ります。
そして針穴の部分も太さが変わらないので、変な引っ掛かりがなくて、
縫うときにストレスがありません。


こんな強い味方がありながら、たった12個のボタン付けに結構時間がかかってしまいました(>ω<)
編む作業より仕上げ作業の方が、気が進まないし、時間がかかるのはなんででしょうね。
まだまだ修行が足りません…(´・_・`)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。