ベージュのキャスケット&霜降りグレーのハンドウォーマー

久しぶりに、子どもが幼稚園時代のママ友達に会いました。
彼女が、私のかぶっていたキャスケットをすごくほめてくれて
クリスマスプレゼントにしたいので、編んで欲しいと言われて
編んでみたのがコチラです。

DSCF1874-r.jpg
DSCF1882.jpg

ワッチキャップタイプはホントに似合わないので、自分用のニット帽は
ほぼキャスケットです。
これはかぶるところが細編みであまり伸びないので、サイズを決めるのに
けっこう苦労しました(;´∀`)
かぶってるうちに伸びてくるので、初めはちょっときつめくらいが良いみたいです。

でも自分用のは、洗濯機の手洗いコースで洗ったら、軽くフェルト化して
縮んでしまったので、サイズ決めの苦労も水の泡でした(`;ω;´)
まあ、元がゆったりめのデザインだったので、縮んでもかぶってますが。
フェルト化してあったかくなったし!(負け惜しみ)



なんとなく、定番デザインにしてしまったハンドウォーマーですが
今度は霜降りグレーの糸で編みました。

DSCF1909-r.jpg
DSCF1916-r.jpg

杢調のこのグレーはとっても好きな色です。
淡い色の毛糸はやっぱりアラン模様が引き立ちますね。
何より老眼が始まると、濃紺とか黒とか、濃い色の糸はほんとに目に厳しいです(;´Д`)

こちらはminneに出品予定です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

なわ編み針イロイロ比較:マイなわあみ針コレクション

1週間以上間があいてしまいました。
コンスタントにブログを書くって、難しいものですね(つД`)ノ

今日は私の大好きなアラン模様に欠かせない、なわ編み針について
書いてみたいと思います。

私の持っているなわ編み針を勢揃いさせてみました。

DSCF1442.jpg



DSCF1445.jpg
DSCF1446.jpg

このふたつ、非常に似てますね。
上はハマナカのです。

【ハマナカ】なわあみ針 【category4-13】

【ハマナカ】なわあみ針 【category4-13】
価格:241円(税込、送料別)


実は私が一番好んで使ってるのがコレです。
本当は3本セットなんですが、中でも使用頻度の高い真ん中のサイズが
行方不明になっていて、悲しいです(´;ω;`)
中央のω←この部分がじゃまくさいという方がいるかと思いますが
私はそこが好きなんですよね。

下の黄色はギンガムさんで売ってる100円のやつです。

なわあみ針2P

なわあみ針2P
価格:108円(税込、送料別)



色が違うだけで、ほぼ同じ。
ハマナカの一番太いサイズを抜いた2本セットというかんじです。
使い勝手も、私は特に違わないと思いました。
ただ、色が緑のほうが好きなので、ハマナカを使うことが多いです。

DSCF1651.jpg

これは、昔ながらの王道クロバーのやつです。
中学の頃に買ってもらった棒針セットに入っていました。
昔すぎて、現行のものと色が違ってますね。
一番細いのなんて、金属ですよ!軽いので、アルミでしょうか?
ハマナカのやつを入手するまでは、コレが私のメインなわあみ針でした。
(というか、コレしかなかった)



DSCF1655.jpg

こちらは比較的新人さん、といってもずいぶん前からありますが
U型のタイプです。


使いやすいという評判を聞いて買ってみましたが、私はちょっと苦手でした。
どっちから編み目に入れるのか、いつもわからなくなってしまうのですね。
最近やっと把握しました。
短い方から差し込んで、編み目を休め
そして長い方で編むのです!


この事実に気づいてからは、うん、けっこう使いやすいんじゃね?
編んでる時じゃまにならないし、評判が良いだけのことはあるわ~。
と、見直したのでした。(今さら!?)(しかも上から目線?)


DSCF1447.jpg

こちらはニットプロのシンフォニーウッド。
なわ編み針にしては珍しい直線タイプです。



交差がたくさんあるデザインだと、いちいちなわあみ針の凹部分に編み目を移動させるのが
面倒になってきて、直線のこちらの針を発見した時は、「コレだっ!」と思って
さっそく手に入れてみたのです。
なんといっても木だし、おしゃれ!所有欲が満たされます(* ´ ▽ ` *)

で、実際使ってみると… うーん、イマイチ?
直線なのでそのままだと目が落ちてしまうため、滑り止めの溝が彫ってあるのですが
その溝にひっかかって、編み目の移動がしづらくて、イライラ。

しかしこの針には別の使い道ありました!
手袋の親指穴を開けるのに、別糸を編み込む方法と
目を休めて、上部に作り目する方法とありますが
私は目を休める派です。

その、目を休めるのに、このなわあみ針がちょうどいいのです。
別糸にとると、後で親指を編む時にまた針に戻さなければなりませんが
これだとそのひと手間がいらない。
親指を編み出すときにそのまま編めて便利。
溝があるので、ウールなら抜け落ちることもまずないです。

そんなわけで、うちのシンフォニーウッドなわあみ針は、
なわあみ以外の活路を見出したのでした。
あ、それから、ショールピンの代わりにも使えるそうですよ。


DSCF1448.jpg

こちらもニットプロですが、アルミタイプ。
細めの2本セットと、太めの2本セットがあります。



これが、どちらもやけに長い!
特に太いタイプは笑っちゃうくらい太く長くデカイです。
長さは13cm~14cmありました。(日本製は10cm~12cmくらい)
こちらは、5目×6目とか、たくさん目を交差させるときは便利ですね~。
あと超極太糸を編むときとか。
それ以外は長すぎてちょっと邪魔かも(>ω<)

ただ、細いタイプの2.5mmは、編み針ゲージで測ったら、2.4mmの穴も通りました。
日本の1号針くらいですね。
日本のなわあみ針は一番細いのでも3号くらいですから
細いなわあみ針が欲しい場合は良いのではないかと思います。



【なわあみ針 太さ比較】

太さといえば、日本のなわあみ針って、サイズが「細・中・太」とかで
けっこうアバウトですよね。
この機会になわあみ針の太さを測ってみました。
といっても、日本規格のあみ針ゲージしか持ってないので
ちょうどはまるもの以外は、だいたいの太さです。

ハマナカ緑凹タイプ :3.0mm     ?mm    5.9~6.0mm
ギンガム黄色凹タイプ:3.1~3.2mm  4.5mm
クロバー凹タイプ   :2.9mm位   4.3~4.4mm 5.3mm位
クロバーUタイプ    :3.0mm    4.1mm位   5.0mm位

ニットプロシンフォニーウッド:3.25mm 4.0mm  5.5mm
ニットプロアルミ細  :2.5mm    4.0mm
ニットプロアルミ太  :6.0mm    8.0mm

ちょっと意外だったのは、まったく同じに見えたハマナカとギンガムは
微妙に太さが違っていました。
行方不明中のハマナカの真ん中サイズは何mmだったのか、もしかすると
太さがちょうど良いので好きだったのかもしれません。

それからクロバーも凹タイプとUタイプで太さが違う…。
これは、私の凹タイプが旧式だからかもしれませんが。
なんだかもっとなわあみ針収集したくなってきました。
使うためというより、コレクションですね。

実は今は2~3目位の交差だと、なわあみ針を使わない方法で
やっちゃってます(*ノω・*)テヘ

しかし、太糸の時など無理してそれやると、目を落としちゃって
修復するのにすごく時間がかかって、初めからなわあみ針使えばよかった(TдT)
なんて後悔することも多々あるので、やはりなわあみ針は大切な相棒です!



【なわあみ針:おすすめは?】

で、どのなわあみ針がいいのよ?という話になるかもしれませんが
結論は 人によって違う
としか言えないです。
私のようにハマナカ大好きの人もいれば、クロバー命の人もいるし
凹型が使いやすい人もいれば、U型じゃなきゃムリ!な人もいます。
イロイロ試してみるのがいいんじゃないかと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

5本指から逃避中…(=∀=)

先日編み始めた次男の手袋ですが、
本体部分を編み終えて、さて5本指…というところで
パタリと止まっています(。-_-。)

あとから編み始めたハンドウォーマーが、先に完成してしまいました。
いつものアラン模様で、今度はグレーにしてみました。
ソフトメリノの中細と、純毛の中細を2本取りにしたら、ほどよく柔らかく
しっかりして、いいかんじになりました。

DSCF1750.jpg



こちらのグレー、濃淡ありますがどちらも杢調のよい色です。
2本取りにすると、ほぼ並太と同じゲージになるので、中細としても並太としても使えて重宝してます。

今回このハンドウォーマーは、80cm輪針で左右同時編みしたのですが
ソフトメリノも純毛の中細も、1玉ずつしかなかったのです。
なので、それぞれ毛糸玉の内と外から糸を取って編んだら
糸さばきがたいへんで死にそうになりました( ノД`)
でも、何とかなることがわかったので、またやるかも…。


グレー、ネイビーなど地味~な単色のアランばかり編んでいたので
ちょっとカラフル系の糸に触れたくて、お花モチーフを編み始めたら、
楽しくて、色違いでたくさん編んでしまいました。

DSCF1761.jpg

DSCF1762.jpg

極細のモヘアと極細ウールを2本取りにして編むのが楽しくて
この写真を撮った後も、さらに増殖中です。



この2種類のモヘアに毛糸zakkaさんのプレジール(50g600mの超極細)を引き揃えて編んでいるのですが、今見たらプレジールってもう廃盤なのでしょうか?
見当たらない…ショック!!
今ある在庫を大事に使いつつ、新しい極細ウールを探す旅に出たいと思います。

ところで次男は、朝方やはり手が寒いようなので、私の手袋を貸してあげてます。
黒無地だから、いいよね別に……

ゴメン、息子!なるべく早めに仕上げるからね。


*グレーのハンドウォーマーは、minneに出品しています。
 よろしかったら、右横のバナーからご覧になってくださいね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

『バスケット編み』を買いました!

嶋田俊之先生の本は、とにかく中身が濃い~ですよね。
実際本の中の作品をそのまま編むことはあまりないですが
知らない技法に出会えたり、先生のすごいこだわりに感動したり、
何かと新しい発見があるので、ついつい買ってしまいます。

今回の『バスケット編み』も、中身を見るまでは
「バスケット編みだけで1冊?そんなにネタあるのかなぁ…」
なんて思ってました。
しかし、中身を見たらすごい!
いつも通りの濃い~嶋田ワールドでした。

表紙のモザイクマフラー。
すごく微妙な色合いがバスケット編みによってより美しく見えます。
これは段染め糸だとばかり思っていたのですが、なんと1ブロックごとに
糸を付けて配色しているという…気が遠くなりそうです。
編地の裏側の写真も載せてありましたが、これは…

DSCF1713.jpg

糸始末で死ねますね
棒針編みには、かぎ針編みのように編みくるんでいくワザはないのでしょうか?

DSCF1715.jpg

この三角ストール編んでみたいです。
これは段染めのモヘアに、列ごとに添える色糸を替えてるそうなので
これなら私にもできそうです(´∀`*;)ゞ

DSCF1717.jpg

摩訶不思議なフォルムの2ウェイキャップとミトン。
バスケット編みでこんなこともできるんだ~。
帽子はネックウォーマーとしても使えるそうです。

DSCF1718.jpg


DSCF1719.jpg

この発想はなかった!と思った指なしミトン(ミテーヌというらしい)
1モチーフの半分で色を変えて、その組み合わせで風車になるとか、
いやー、すごいです。

DSCF1722.jpg

小物が中心のこちらの本ですが、ウェアも。
バスケット編みで立体的にネックを立ち上げるとか
どうなっているのでしょうか?
グレーとブルーの濃淡の繊細なグラデーションが美しいです。

DSCF1725.jpg

バスケット編みってこんな風にも使えるんだ~と思った作品。
ただ、平面で見ると美しいけど、首に巻いた姿はちょっとコレどうなの?
と、思わないでもないですが(=∀=)

DSCF1726.jpg

これは、バスケット編みということを忘れそうな、ものすごく自然になじんでますね。
木の葉もようがすてき。これは編んでみたい!

基本のバスケット編みについても、写真付きで工程ごとに細かく解説してあって
初めてバスケット編みをする人にも優しいんじゃないかと思います。



嶋田先生のすごい作品の数々の後だと、お恥ずかしいですが
私が過去に編んだバスケット編みの作品を載せてみます。

DSCF8004.jpg

1段おきに色を変えて編んだハンドウォーマー。
親指穴の開け方がわからず、苦労しました。

DSCF8087.jpg

グリーン系の段染め糸で編んだハンドウォーマー。
このときは嶋田先生の手袋本を見ながら、なんとか親指穴をクリアした気がします。
バスケット編みは段染め糸で編むのが好きなんですよね。
ブロックごとに色が変わっていくのがワクワクします。

DSCF1705.jpg

ピエロさんのオランジュで、スマホケースにしようかと編んだのですが
機種変したら、なんだか小さくないか?と思い始めて
いっそもう1枚編んで、リストウォーマーにしようかと、迷い中です。



12/4からセールなんですね。
もう毛糸の在庫がすごいことになっているので、
当分毛糸買うのは禁止にしてたんですが
以前買おうとしたときに品切れだったカラーもあるし、買ってしまいそう。(/∀\*)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用