FC2ブログ

久々にウエア(ravelryより"harvest")を編みました

本当に、ほんとぉーに久しぶりにウエアを編んでみました!
ravelryで見つけたカーディガン・harvestです。




IMG_3042_1.jpg

思えば私が編み物を覚えたウン十年前、編み物といえばウエアでした。
編み物の本といえば、ほぼほぼセーターやカーデ、ベストなどのウエア本しかなくて
初心者はマフラーや帽子などを編んだら、次はいやおうなくウエアを編むしかなかったのです。

当然私も自分のセーターや母のカーディガン、夫のセーターやベストなど編んできました。
しかし年を重ね、なかなかウエアを編み上げる根気が続かなくなりました。
というか、とじはぎ作業がイヤだったのかも。
前、後ろ身頃、袖2枚全パーツ編んだところで、3年放置してたカーデとかもありました(=∀=)
かわいい編み小物の本なども、たくさん出版されるようになったこともあって
いつしかネックウォーマーやハンドウォーマー、帽子などの小物にシフトしていったのです。

しかし、最近トップダウンのウエアに興味津々でありまして、ラベリーや毛糸だまや
編み物本で、よさげなパターンを探していました。
条件はまずトップダウンであることのほかに
・ベストor カーディガン(セーターは着る機会がないので)
・糸の太さは並太程度(着分買ってあった糸が並太なので)

そんな中で見つけたこのパターン!
harvestは英文パターンではありますが、全体像の図解があって編む順番がわかりやすく

1:後ろ襟の部分をガーター編み
2:そこから袖・前身頃・後ろ見頃を編み出してヨークを編む
3:袖を休めて、袖下に作り目しつつ、前身頃・後ろ見頃を往復編み
    (前立てもガーター編みで同時に編む)
4:続けて裾をガーター編み→伏せ止め
5:休めていた左右の袖を拾い目して輪編み
6:袖口も続けてガーター編み→伏せ止め
7:完成

という、とじはぎが一切要らない上、カーディガンなのにあとから拾い目して前立てを
編む必要もなく、ボタン穴もボタン付けもないという、夢のようなパターンなのでした。


IMG_3056.jpg

糸は、もう7~8年前に5玉490円という激安についつい買ってしまった
モトヒロさんのインペリアルメリノEXという糸です。
お安いけれど、ウール100%、それも防縮ウールなのでお手入れもラクそうです。

15玉買ったはずなのですが、いつのまにか小物編みに使ってしまったらしく
12玉しか残ってなかったので、足りないかもと思い
しまを入れることにしました。

しまは手持ちの中細毛糸を2本取りにして、黄色→緑→青でグラデーションにしてみました。
ただ、袖をつける前の前開きベスト状態のときは、しましまなこともあり
「え?鬼太郎??」みたいな、ちゃんちゃんこ感が半端なかったです(//>ω<)
袖を付けて完成したら、まあまあいいかもと思えましたが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\秋冬SALE/Prinsess Lily(プリンセスリリー)【毛100%/中細...
価格:242円(税込、送料別) (2020/3/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\秋冬SALE/Colline(コリーヌ)【ウール75%・ナイロン25%/合細-...
価格:220円(税込、送料別) (2020/3/16時点)




このパターンは赤ちゃん(0~6ヶ月)から4XLまで、サイズ展開が豊富なのですが
胸囲のサイズからSサイズを選び、久々のウエアなのできちんとゲージもとり
ほぼ合っていたので編み始めました。
しかし袖分けした後くらいで、「あれ?ウエアってゆとりが要るよね?」と気がつきました。
今まで日本の編み物本だとワンサイズだし、自分でサイズを選ぶという感覚がなかったので
すっかり失念してました(//>ω<)

もしかしてきついかも?と不安になって前立ての増し目を1回増やし、針を5.1mm(jpn#10)から
5.4mm(jpn#11)に変えてみました。
袖も拾い目の時に2目増やして、5.4mm(jpn#11)で。
裾と袖口のガーター部分は4mm指定のところ、4.2mm(jpn#7)に。
その他変えたのは、着丈をちょっと(2cm位)長めに、袖を5cm位短く(腕が短いので(〃▽〃)
そして、使用糸量ですが、結局しましま込みの全体で385g=10玉で足りてしまいました!


my harvest data

パターンサイズ=S
仕上がりサイズ:胸囲=85cm 着丈=63cm
使用針:5.1mm(jpn#10)→5.4mm(jpn#11) ガーター4.2mm(jpn#7)
使用糸(メイン):モトヒロ・インペリアルメリノEX(40g84m)
    (しましま):プリンセスリリー、コリーヌ、ソフトメリノ中細(2本取り)
使用糸量:全体で385g (メインカラー=335g、 しましま=50g)
使用糸長:全体で約809m


パターンのサイズは胸囲が83.8cmなので、微妙に大きくはなったかな?
2つ目の袖を編み終えて糸始末したら、即完成!というのがすごく嬉しかったです.゚+.(・∀・)゚+.
(しましまを入れたせいで糸始末は大変でしたが・・・)
スチームをあてて着てみたら、心配してたようにきつくもなく、ぴったりでした。
特に袖丈は、試着しながら1段2段の単位で調整できるところが、すごく良かったです。

パターンはとにかく図解がすばらしかったです。
編む順番や、編む方向、それぞれの部位の名前が図の中に明記されているので
すごくわかりやすくて編むのがラクでした。
細かいところで疑問点があったのですが、Tin Can Knitsにharvestのチュートリアルのページがあって
そこを見るとすべて詳しく解説されていました。


IMG_3055.jpg


編みあがったのは2月中だったので、寒い日には部屋着として必ず着ていますが
本当にあったかくて、手編みのウエアってこんなにあったかかったんだなーと
あらためて感じています。

オプションでボタン穴の開け方もあったけど、悩みつつもボタン穴は開けなかったのですが
やっぱりボタンがあった方がよかったかも?と思わないでもなく・・・。
小さいボタンなら、無理穴でも大丈夫かな?
どうしてもボタンを付けたくなったら試してみます。

写真はニットプロのショールピンで留めていますが、部屋で使うのはちょっと大げさな気がして
金属のカブトピンで留めていたのですが、編み目が大きいのでピンが埋もれてしまって
ちゃんと留まらないのです。
今は竹のなわあみ針をピン代わりにして留めています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KA硬質竹 なわあみ針 3本セット
価格:2288円(税込、送料別) (2020/3/16時点)


実はなわあみ針としてはあまり出番がないのですが、この真ん中のサイズが
ショールピンにちょうどよくて、いいかんじに留められます。

トップダウンのウエア、すごく楽しく編めたのでまた何か編みたいです。
ニットマルシェでよさげなベストのパターンも見つけました。
が、そろそろ気分は春!なのでウールのベストはまた来シーズンかな?


いつも春夏は春眠&夏眠で、ブログもminneも放置状態になってしまっていますが(//>ω<)
今年は春夏物を編みたい意欲が湧いているので、なんとか更新したいと思います。


IMG_2884.jpg

東京は桜も開花したそうですね。
我が家のビオラ&パンジーも満開です。
花粉はイヤだけど、やっぱり春はよきかな、.゚+.(・∀・)゚+.です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

毛糸だまvol.183より ロフトの半円ショールを編みました

もう2月も終わろうとしていますね・・・。

花つきが悪くて、処分しようかとベランダの片隅に追いやったクリスマスローズが
たくさん蕾をつけて、咲き出しました。
生命の危機を感じたのか???

IMG_2939.jpg

IMG_2885.jpg

クリスマスローズはうつむいて咲くので、ムリヤリ正面向かせて撮りました。

ビオラやパンジーも満開間近で、春の声が聞こえてきますが
まだまだあったかウールを編んでます。

毛糸だま2019秋号から、P48の”ロフトの半円ショール”を編みました。



今は手づくりタウンでパターンの単品が買えるんですね。
このショールもありました!
指定糸はブルックリンツイード ロフトですが、私はピエロさんの赤字処分価格になっている
ツイードヤーン”リマ”で編みました。



Brooklyn Tweed LOFT は50gカセ 250m ウール100% 2300円+税
いっぽう
lima は30g 117m  毛50%・ナイロン30%・アルパカ20% 233円(税込)

と、だいぶスペックの違う糸ではありますが、お安くなっていたので試しに買ってみたところ
ネップの入った素朴加減がすごくかわいくて、好みの糸でした!
レビューを見ると、どうやら切れやすい糸のようで、
商品ページにも『紡毛糸のため、強く引っ張ると切れることがあります』と書いてあるくらいなので
用心して編み進めましたが、意外と大丈夫でした。
糸の状態だとカサカサした感触なのですが、編地になるとふんわりして柔らかくて
良い感じでした。

IMG_2773.jpg
IMG_2775.jpg

私が見た時は、白、ベージュ、ブラウン、ブラックの4色しか残っていなかったので
それぞれ2玉ずつ買ったのですが、どの色の組み合わせにするか悩んだ結果
白とベージュのしましまにして、最後の非対称部分はコリーヌのベージュロゼにに
極細毛糸(プレジール)のキャロットオレンジを引き揃えました。



指定は8号棒針ですが、中細程度の糸なのでスカスカしないかなとちょっと心配だったので
7号で編みました。
大きめにしたかったので、しましま部分をパターンよりも24段多く編んで、オレンジの
非対称部分も4~5段多く編みました。
ちなみに引き返し編みは特に何も指定がなかったのですが、つい先日マスターした
ジャーマンショートロウにしてみました。

最終的にはパターンでは幅122cm、丈42cmのところ、幅155cm、丈50cm位になりました。
水通しもアイロンも何もしていない編みっぱなしなので、ブロッキングすればもっと大きくなるかも?

IMG_2781_1.jpg

IMG_2790.jpg

IMG_2788.jpg

部屋の中ではふわっと肩にはおるのにちょうど良いし、外出時にはぐるぐるマフラー感覚で巻けるので
なかなか使い勝手が良さそうです。
アルパカ混のせいか、ふわふわで軽くて気持ちよいです。

このパターンについてですが、2段ごとのしましまと、掛け目の増し目で飽きずに編めます。
規則的な増し目なので、パターンを見なくても編み進められるし、大きさの調整も簡単なので気に入りました。
私はけっこう大きめにしましたが、それでもそれそれの色ごとに中細毛糸40~50gずつあれば編めるので
1玉ずつ買った糸や、残った糸の使い道としても良さそうです。
色合わせにいろいろ悩むのも楽しいので、また色や糸を変えて編みたいですo(^▽^)o



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村





Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

いろんなピンクで モヘアの波のショール

ピンクのモヘア入りのふわふわした糸に、さらにピンク~オレンジ~赤系の
いろんな極細モヘアを引き揃えて、ショールを編みました。

IMG_2574.jpg

波のような模様編みで、両端が自然にスカラップになります。

1580175239.jpg

全体像はこんな感じです。
前をショールピンで留めたり、巻いたり。


1580175731.jpg

使用したモヘアはこの9色。
いつものフワットン、プリュム、フラッフィです。


フワットンは在庫限り終了になってしまうみたいですね、ザンネン!(っω・`。)
アンティコモヘヤが後継ということでしょうか?
でも、太さも違うし、フワットンは色数も多くて好きだったのになぁ・・・(;д;)


1580175614.jpg

引き揃えたモヘアを少しずつ使って、巻きバラを編んでショールピンにしました。
グリーンのモヘアで編んだ葉っぱも付けました。


1580175454.jpg

幅は30~32cm位、長さは150cm位です。
ベースのピンクの糸は、ウール・ モヘア・ アクリル・ ナイロンの混紡です。
ふわふわで軽くてとっても気持ちの良い糸です。

こちらはminneに出品していますので、よかったらのぞいてみてくださいねヾ(・∀・)ノ


今年は暖冬らしくて、1月だというのにビックリするくらい暖かい日も多いですね。
でも朝晩は寒いし、手編みの靴下やリストウォーマーや三角ショールが手放せない
冷え性のオバサンなのでした(//>ω<)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

addi NOVELでopal基本の靴下を編み、メリヤスはぎをマスター!

まだまだ究極の輪針、至高の輪針を求めて止まない私は
addi NOVELに目をつけました。



金属針はすべりが良いのが利点ですが、すべりが良すぎると
すべらせないように手に力が入って、私は逆に疲れてしまうんですよね。
が、四角いこの金属針はすべりが押さえられてよいのではないか?
さらに商品ページには、「人間工学に基づいた上質な編み針」
「血液循環を刺激し、数時間の編み単位であってもより少ない緊張を確実にします」
などと、よさげなたくさんの謳い文句!(翻訳ソフトっぽくて、ちょっと言い回しが変だけど)

で、まんまと2.5mmの80cmを買ってしまいました。

IMG_2684.jpg

ソックロケッツと比べると、同じようにシャープな針先で、針先以外は溝が彫ってあって
四角くなっています。

IMG_2686_1.jpg

この針を試しがてら、趣芸さんで買い物すると無料でもらえる
「opal基本のリブ編み靴下」のパターンで編んでみました。

以前レシピをもらった時、普通の「OPAL基本のリブ編み靴下 女性用Mサイズ」は1周64目なので
私には大きすぎてこのままでは編めないな・・・と思ってそのまましまい込んでいたのですが
あらためて一緒にもらった6ply用のレシピを確認すると、こちらは1周56目で
ぴったりサイズに編めそう!と、こちらのレシピで編むことにしました。

糸はカメレオンカメラの、グレーにカラフルな細い縞が入るタイプです。
もう廃盤なのかな?
ちょっと地味かも?と、履き口、かかと、つま先を単色の水色にしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【677】Chameleon Camera(カメレオン カメラ)[毛(防縮ウール...
価格:1550円(税込、送料別) (2020/1/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【811】Chameleon Camera(カメレオン カメラ) ソリッドカラー...
価格:1236円(税込、送料別) (2020/1/21時点)



初めてのaddi ノベル。
期待に胸をふくらませて編み始めたわけですが・・・

あれ?やっぱりすべるかも?
針先は普通のaddiと同じなので、すべる感じはあまり変わらず。
ただし針先以外に刻みが入っているので、その部分はしっかりホールドできる気がする。
でも編むときになんだかガタガタして
あまりスムーズに編めないというか、編み心地が良くないのです。

何段か編み進むと、あれ?なんだか編み目が汚くないか?
ゴム編みなので、メリヤスよりも編み目が乱れるのはいつものことですが
それにしても編み目がガタガタしている気がする・・・

IMG_2610.jpg

釈然としないまま、片足編み終えて、もう片方の途中から普通のaddiソックロケッツに
変えてみました。
そうしたらば、まあいつもの通りですからすべる感はあるけれど、普通になめらかで
スイスイ編みやすい!
そして肝心の編み目は・・・・なんということでしょう

・・・・ノベルと変わらずガタガタでしたぁ!
ノベルのせいじゃなかったぁ。
とんだ冤罪でした(´∀`*;)ゞ

単なる自分の技術不足なのか。
いや以前に他のカメレオンカメラやopalで編んだ時は、こんなにガタガタじゃなかった気がする。
・・・それも気のせいで、今までもガタガタだったのをブロッキングでごまかしていた疑惑が! (;゜0゜)

と、疑心暗鬼になりつつも両足を編み上げて、とりあえず水通し&ブロッキングしました。

IMG_2679.jpg

ブロッキングしたらまあなんとか普通に見られるようになったかな?


IMG_2680.jpg

レシピではカフスと甲は全部2目ゴム編みなんですが、履き口の色を変えたので
履き口は2目ゴム編み、カフスと甲は3×1リブにしました。


IMG_2681.jpg

かかとはボックスヒールですべり目模様が入ってます。


IMG_2683.jpg

つま先はワイドトウ?ウェッジトウ?で最後メリヤスはぎです。
相変わらずメリヤスはぎが苦手で・・・( ノД`)
いつも最終的には「わかった!もう大丈夫!マスターした!!」と思うのですが、
しばらくすると忘れちゃって、また1から基礎本を見たり、ネットで検索したり、動画を見たり・・・・・

日本の基礎本って、メリヤスはぎの説明がだいたい平面で、向こう側とこちら側が
平面上で正対している図になってるんですよね。
そうすると靴下のつま先みたいに、向こう側とこちら側が重なった状態に脳内で変換するのが
たいへんで、すごく難しく感じてしまうんです。

しかし、海外のメリヤスはぎの解説で、ちゃんと実際のつま先の状態になっているのがありました!

こちらは図解
kitchener-stitch
こちらは写真
Grafting


下の解説の中に
"I usually chant to myself "knit, purl -- purl, knit" while grafting"
という一文がありますが、実際はぐ時は

手前の針--- knitの向きでとじ針を入れて、棒針から編み目を落とす
      → purlの向きでとじ針を入れて、引き抜く(編み目はそのまま)
向こうの針-- purlの向きでとじ針を入れて、棒針から編み目を落とす
      → knitの向きでとじ針を入れて、引き抜く(編み目はそのまま)

の繰り返しなので、これさえ覚えれば間違えることはなくなりました。
この針の動きは1目ゴム編み止めと同じなんですよね。

ただ、最初と最後の部分が2つの解説ではちょっと違うんだよなぁ。
どちらでもいいのかな?ここは要研究です。



◎ addi NOVELの感想

この靴下のあと、opalでヨガソックスを編んでみましたが、特に編みにくいこともなく
編み目もガタガタしませんでした。
このカメレオンカメラとは相性が悪かったのかな?
そして、ブログを書きながらaddi NOVELで検索していたら、けいとやプラスさんのページで衝撃の記述が!

針先が四角形の形状をしているので、同じサイズの円形の針先に比べ円周が短くなっています。そのため、一サイズだけ大き目のサイズを選択する必要があります。
たとえば、推奨編み針サイズが3.0mmの場合には、3.5mmのノベルの使用をお勧めいたします。



なんと!では2.5mmで普段靴下を編んでいるので、3.0mmを買わなくてはいけなかったのか!?
でもなー、今まで編んだ靴下と比較してもゲージもそんなに変わらないし
ソックロケッツで編んだもう片方と、仕上がりサイズもまったく変わらないんだけど・・・。
もしも小さく編みあがってしまうようなら、変えた方がいいよってことかな?

ともあれ、結論としては普通のaddiと比べてすごく編みやすいとか、疲れにくいとか、すべらないとか
私には感じられませんでした。
ただし、レビューでは良かったという方が多いようなので、編み方や編むもの、糸との相性等の条件や
人によるのでしょうね。



◎「opal基本のリブ編み靴下」のパターンの感想


今回6ply用のレシピを見ながら、普通の4ply相当と思われるカメレオンカメラを2.5mm針で編みましたが
まったく問題なく、ぴったりサイズに編めました。
ゲージが違うため、つま先部分の長さが5cm → 4cmになったので、足底の長さを調整しました。

以前英文パターンで初めてカフダウンの靴下を編んだときも、やはり全体像が見えないのが不安で
このパターンを参考として見ていたのですが、今回は編み図の通りに編めばいいので
すごくわかりやすくて、自分で変更したところを、どんどん図の中に書き込んでいけるので
良かったです。
やはり長年編み図を頼りに編んできたので、編み図があると安心します。
かかととか、文章パターンの方がわかりやすいところもありますが・・・。
つま先も前回編んだ平和の靴下より私の足にはフィットするし、全体リブも好みです。

IMG_2690_1.jpg



トウアップから始めた靴下編みですが、何足か編んでみて、意外とカフダウンの方が好きかも?
と最近は思っています。
かかとは今回も編んだボックスヒールが一番好きなんですよね。
編み始めもターキッシュキャストオンは確かに簡単なんですが
普通に指にかける作り目の方が、さらに簡単で気軽に始められるし。
サイズを合わせるのも、つま先の長さの方が正確に予測できるので合わせやすい。

唯一ネックだったメリヤスはぎも今回克服した(つもりだ)し!!

ただ、トウアップはやはり編みながらカフの長さを調整できるのが便利だし
まだまだ靴下編みは奥が深そうなので(猪谷さんの靴下を編んでみたい!)
これからも、いろんなパターンで靴下編みは続けたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

年越し編みのロストインタイム

昨年、いやもう一昨年になってしまいましたが…編んだすてきにハンドメイドの三角ショール
少し肌寒くなってからは毎日はおっていて、大活躍しています。

洗い替えも欲しいし、ウールでまた何か三角ショールを編みたいなと思って
ラベリーを物色した結果、超有名パターンのロストインタイムを編むことにしました。



何年か前から編みたいリストに入れていたのですが、あらためてラベリーのページを見ると
昔はなかった日本語パターンがあるではないですか!
ありがたくDLさせていただきましたo(^▽^)o

段染めの糸ですてきに編んでいるかたが多いので、私もショール用にと
ネットショップを彷徨い、よさげな糸を発見!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毛糸 ウイスター ミックスロール<クラシック> | トーカイ
価格:1188円(税込、送料別) (2020/1/12時点)


ウィスターミックスロール<クラシック>
ついついぽちりそうになったのですが、一番惹かれた#15灰茶系はあいにく品切れ。
ここでちょっと冷静になり、在庫の深き海・高き山のことを思い
ぐっとこらえて手持ちの糸で自力段染めを作ることにしました。


年末の押し迫った時期に編み始めてしまったのですが、楽しくてまさに”時を忘れて”
大掃除そっちのけで編んでしまいました。
年越しは紅白とガキの使いを交互に見ながら、このショールを編んでおりました。

IMG_2641.jpg


で、年明け早々完成!
2020年初の完成品です。

IMG_2651.jpg
IMG_2655.jpg

5回リピートで、サイズは底辺の長いところが170cm位、三角の頂点までが77cmほどになりました。

糸は手持ちの中細と極細モヘアの2本取り。
ミックスロールの灰茶系を参考にして、グレー、黒、ベージュ、生成り、茶を組み合わせて
ボーダーにしました。

かぎ針は中細なら6/0号でいいかなと編み始めたら、モヘアと引き揃えたため
編地が硬くなりそうで、もっとゆったりさせたかったので、7/0号→8/0号→9/0号と、
編みながら変更していって、結局一番しっくりきた8/0号に落ち着きました。


広げた全体像の写真にもチャレンジしたのですが・・・

IMG_2672.jpg

園芸用の支柱にからめてムリヤリ撮ってみましたが、哀しき逆光の写真に・・・・゚・(つД`)・゚・
室内でこの大きさを撮ろうとすると、背景に写って欲しくないものがたくさん写りこむので
これが限界でした。
広い撮影スペースが欲しい・・・(つД`)ノ


タッセルは別にいらないかなと、初めは省略予定だったのですが
ビーズと組み合わせたタッセルを付けた写真がステキだったので
本体を編んだ中細毛糸と、10mmのクリアオーロラのファイアポリッシュを使い
取り外しできるようにカニカンを付けて作ってみました。

IMG_2661.jpg

IMG_2703.jpg

結果、タッセルを付けると頂点の部分に重みが出て、いい感じに編地が落ち着くので
付けて良かったです。
・・・・と、写真を撮った段階では思ったのですが、実際に身にまとって一日過ごしたところ
ビーズや金具があちこち当たってカシャカシャしてうっとうしいこともあり・・・(´・_・`)
でもタッセル自体は気に入ったので、ビーズをはずした毛糸部分のみで
直付けにして作り直す予定です。




使用糸
メリノ入りあったか中細、ソフトメリノ中細、カメレオンカメラ ソリッド
ダイヤゴールド中細、はいあむ中細
モヘア糸(フワットン、フラッフィ、プリュム)

使用量
約330g

使用針
8/0号かぎ針


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【811】Chameleon Camera(カメレオン カメラ) ソリッドカラー...
価格:1236円(税込、送料別) (2020/1/12時点)







Lost In Time、完成写真を見るとすごく複雑そうな編地だし、難しいのかなと思っていましたが
実際編んでみると、長編み・細編み・くさり編み・引き上げ編み等、基本的な編み方だし
日本語パターンもあったので、意外にカンタンでした。
変化があって飽きないパターンで、色も変えながらだったので楽しく編めました。

ただサイズが大きくなるにつれて、パプコーン編みの段と裏引き上げ編みの段が
すごく時間がかかってしんどくはなりましたが・・・(//>ω<)


パプコーン編みがやたらと糸を消費するため、全体の重さは330gとけっこうな重さになりました。
すてきにハンドメイドのショールが142gだったので、2倍以上!
まあサイズ的にも大きいし、重い分あったかさも増してすっぽり包まれる感がなかなか良いです(* ´ ▽ ` *)

パターンのはじめのほうに、
「立体感を抑えたい場合、パプコーンを長編みに置き換えても構いません。」
という文がありました。
なるほど、それもいいかな・・・でもパプコーンがないと魅力半減かも?
パプコーンの代わりに中長編みの玉編みもいいかなと思います。

また糸の色合いや太さなどを変えて編みたいパターンです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用