FC2ブログ

addi NOVELでopal基本の靴下を編み、メリヤスはぎをマスター!

まだまだ究極の輪針、至高の輪針を求めて止まない私は
addi NOVELに目をつけました。



金属針はすべりが良いのが利点ですが、すべりが良すぎると
すべらせないように手に力が入って、私は逆に疲れてしまうんですよね。
が、四角いこの金属針はすべりが押さえられてよいのではないか?
さらに商品ページには、「人間工学に基づいた上質な編み針」
「血液循環を刺激し、数時間の編み単位であってもより少ない緊張を確実にします」
などと、よさげなたくさんの謳い文句!(翻訳ソフトっぽくて、ちょっと言い回しが変だけど)

で、まんまと2.5mmの80cmを買ってしまいました。

IMG_2684.jpg

ソックロケッツと比べると、同じようにシャープな針先で、針先以外は溝が彫ってあって
四角くなっています。

IMG_2686_1.jpg

この針を試しがてら、趣芸さんで買い物すると無料でもらえる
「opal基本のリブ編み靴下」のパターンで編んでみました。

以前レシピをもらった時、普通の「OPAL基本のリブ編み靴下 女性用Mサイズ」は1周64目なので
私には大きすぎてこのままでは編めないな・・・と思ってそのまましまい込んでいたのですが
あらためて一緒にもらった6ply用のレシピを確認すると、こちらは1周56目で
ぴったりサイズに編めそう!と、こちらのレシピで編むことにしました。

糸はカメレオンカメラの、グレーにカラフルな細い縞が入るタイプです。
もう廃盤なのかな?
ちょっと地味かも?と、履き口、かかと、つま先を単色の水色にしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【677】Chameleon Camera(カメレオン カメラ)[毛(防縮ウール...
価格:1550円(税込、送料別) (2020/1/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【811】Chameleon Camera(カメレオン カメラ) ソリッドカラー...
価格:1236円(税込、送料別) (2020/1/21時点)



初めてのaddi ノベル。
期待に胸をふくらませて編み始めたわけですが・・・

あれ?やっぱりすべるかも?
針先は普通のaddiと同じなので、すべる感じはあまり変わらず。
ただし針先以外に刻みが入っているので、その部分はしっかりホールドできる気がする。
でも編むときになんだかガタガタして
あまりスムーズに編めないというか、編み心地が良くないのです。

何段か編み進むと、あれ?なんだか編み目が汚くないか?
ゴム編みなので、メリヤスよりも編み目が乱れるのはいつものことですが
それにしても編み目がガタガタしている気がする・・・

IMG_2610.jpg

釈然としないまま、片足編み終えて、もう片方の途中から普通のaddiソックロケッツに
変えてみました。
そうしたらば、まあいつもの通りですからすべる感はあるけれど、普通になめらかで
スイスイ編みやすい!
そして肝心の編み目は・・・・なんということでしょう

・・・・ノベルと変わらずガタガタでしたぁ!
ノベルのせいじゃなかったぁ。
とんだ冤罪でした(´∀`*;)ゞ

単なる自分の技術不足なのか。
いや以前に他のカメレオンカメラやopalで編んだ時は、こんなにガタガタじゃなかった気がする。
・・・それも気のせいで、今までもガタガタだったのをブロッキングでごまかしていた疑惑が! (;゜0゜)

と、疑心暗鬼になりつつも両足を編み上げて、とりあえず水通し&ブロッキングしました。

IMG_2679.jpg

ブロッキングしたらまあなんとか普通に見られるようになったかな?


IMG_2680.jpg

レシピではカフスと甲は全部2目ゴム編みなんですが、履き口の色を変えたので
履き口は2目ゴム編み、カフスと甲は3×1リブにしました。


IMG_2681.jpg

かかとはボックスヒールですべり目模様が入ってます。


IMG_2683.jpg

つま先はワイドトウ?ウェッジトウ?で最後メリヤスはぎです。
相変わらずメリヤスはぎが苦手で・・・( ノД`)
いつも最終的には「わかった!もう大丈夫!マスターした!!」と思うのですが、
しばらくすると忘れちゃって、また1から基礎本を見たり、ネットで検索したり、動画を見たり・・・・・

日本の基礎本って、メリヤスはぎの説明がだいたい平面で、向こう側とこちら側が
平面上で正対している図になってるんですよね。
そうすると靴下のつま先みたいに、向こう側とこちら側が重なった状態に脳内で変換するのが
たいへんで、すごく難しく感じてしまうんです。

しかし、海外のメリヤスはぎの解説で、ちゃんと実際のつま先の状態になっているのがありました!

こちらは図解
kitchener-stitch
こちらは写真
Grafting


下の解説の中に
"I usually chant to myself "knit, purl -- purl, knit" while grafting"
という一文がありますが、実際はぐ時は

手前の針--- knitの向きでとじ針を入れて、棒針から編み目を落とす
      → purlの向きでとじ針を入れて、引き抜く(編み目はそのまま)
向こうの針-- purlの向きでとじ針を入れて、棒針から編み目を落とす
      → knitの向きでとじ針を入れて、引き抜く(編み目はそのまま)

の繰り返しなので、これさえ覚えれば間違えることはなくなりました。
この針の動きは1目ゴム編み止めと同じなんですよね。

ただ、最初と最後の部分が2つの解説ではちょっと違うんだよなぁ。
どちらでもいいのかな?ここは要研究です。



◎ addi NOVELの感想

この靴下のあと、opalでヨガソックスを編んでみましたが、特に編みにくいこともなく
編み目もガタガタしませんでした。
このカメレオンカメラとは相性が悪かったのかな?
そして、ブログを書きながらaddi NOVELで検索していたら、けいとやプラスさんのページで衝撃の記述が!

針先が四角形の形状をしているので、同じサイズの円形の針先に比べ円周が短くなっています。そのため、一サイズだけ大き目のサイズを選択する必要があります。
たとえば、推奨編み針サイズが3.0mmの場合には、3.5mmのノベルの使用をお勧めいたします。



なんと!では2.5mmで普段靴下を編んでいるので、3.0mmを買わなくてはいけなかったのか!?
でもなー、今まで編んだ靴下と比較してもゲージもそんなに変わらないし
ソックロケッツで編んだもう片方と、仕上がりサイズもまったく変わらないんだけど・・・。
もしも小さく編みあがってしまうようなら、変えた方がいいよってことかな?

ともあれ、結論としては普通のaddiと比べてすごく編みやすいとか、疲れにくいとか、すべらないとか
私には感じられませんでした。
ただし、レビューでは良かったという方が多いようなので、編み方や編むもの、糸との相性等の条件や
人によるのでしょうね。



◎「opal基本のリブ編み靴下」のパターンの感想


今回6ply用のレシピを見ながら、普通の4ply相当と思われるカメレオンカメラを2.5mm針で編みましたが
まったく問題なく、ぴったりサイズに編めました。
ゲージが違うため、つま先部分の長さが5cm → 4cmになったので、足底の長さを調整しました。

以前英文パターンで初めてカフダウンの靴下を編んだときも、やはり全体像が見えないのが不安で
このパターンを参考として見ていたのですが、今回は編み図の通りに編めばいいので
すごくわかりやすくて、自分で変更したところを、どんどん図の中に書き込んでいけるので
良かったです。
やはり長年編み図を頼りに編んできたので、編み図があると安心します。
かかととか、文章パターンの方がわかりやすいところもありますが・・・。
つま先も前回編んだ平和の靴下より私の足にはフィットするし、全体リブも好みです。

IMG_2690_1.jpg



トウアップから始めた靴下編みですが、何足か編んでみて、意外とカフダウンの方が好きかも?
と最近は思っています。
かかとは今回も編んだボックスヒールが一番好きなんですよね。
編み始めもターキッシュキャストオンは確かに簡単なんですが
普通に指にかける作り目の方が、さらに簡単で気軽に始められるし。
サイズを合わせるのも、つま先の長さの方が正確に予測できるので合わせやすい。

唯一ネックだったメリヤスはぎも今回克服した(つもりだ)し!!

ただ、トウアップはやはり編みながらカフの長さを調整できるのが便利だし
まだまだ靴下編みは奥が深そうなので(猪谷さんの靴下を編んでみたい!)
これからも、いろんなパターンで靴下編みは続けたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

今年買ってよかった編み物道具~その2~

今年買ってよかったシリーズ、その2でございます。
今回は非付け替えの輪針です。

switchの切替輪針の話のあとでなんですが、付け替えじゃない輪針の方が好きなんです。
なぜならコードを付け替えるのが面倒だから・・・(´∀`*;)ゞ


・HiyaHiyaの竹製輪針 32インチ(80cm相当) 2.5mm

ずっと気になっていたHiyaHiyaの輪針を買ってみました。

靴下編みを始めてからソックロケッツで編んできまして、すごく編みやすいんですが
やはり金属だとすべるのが気になって。
すべらないように、手に力を入れて調整しなきゃいけないのが疲れてきたので
靴下用に2.5mm80cmの竹輪針を買ってみました。

IMG_2518.jpg

買ってから輪針の整理をして気づいたのですが、昔まだ付け替えの輪針がない頃に
全てのサイズを揃えておきたくて、近畿編針の0号~2号を買っていました。
靴下を編むまでこんな細い針を使ったことがなくて、存在を忘れていました(//>ω<)


せっかくなので、いろんな輪針の2.5mm or 1号を比較してみます。

1.addi ソックロケッツ 2.5mm 80cm 金属  コード色=赤
2.Knit Pro ノバメタル 1号(2.4mm) 100cm 金属  コード色=紫
3.KA(近畿編針) 1号(2.4mm) 竹  コード色=透明
4.HiyaHiya 2.5mm 80cm 竹  コード色=緑

いい感じにコードの色が違ってわかりやすいですね。
KAはもう10年位前に買ったものなので、現行のものとは違うかもしれません。


まずはコードを比べてみます。

IMG_2592_1_1.jpg

袋から出してそのままの状態です。
コードの部分をまるめて購入時の袋に収納しているので、当然みんなまるまってます。
この時点では一番癖のつき方が少ないのはHiyaHiyaでした。


IMG_2593_1.jpg

鍋にお湯を沸かした上で、蒸気に1分間あててみました。

まずニットプロは1分もかからず、くせがとれてまっすぐになりました。
次がHiyaHiyaで、かなりまっすぐになりました。
addiが平面的には一番くせが残っていますが、KAはコードの根元がちょっと浮いていて
垂直方向のくせが残ってます。


IMG_2600.jpg

KAが透明なので見にくいですが、上からHiyaHiya、KA、addi、Knit Proです。

コードの太さは手持ちのデジタルノギスで測ったところ
細い順にKA=0.8mm、HiyaHiya=1.1mm、Knit Pro=1.2mm、addi=1.3mm でした。
あまり良いノギスではないのと、測り方がちゃんとしてないかもしれないので
数値は正確ではないのですが、順番は目視でもこの通りだと思います。

コードの柔らかさはKAが一番柔らかいです。
ただ、針との境目で折れたり変なくせが付きやすい部分もあります。
あとの3つは大差ないかな?
マジックループで曲げるのはどれも問題ないです。


IMG_2596_1.jpg

次はコードと針のつなぎ目の部分。
この部分が回るようになっているのはKAだけで、あとの3つは固定です。

竹の2種ですが、KAはHiyaHiyaに比べて金属部分が長くて、角度の変化が急です。
それとコードが一番細いので、つなぎ目の段差が大きく感じられます。
金属の2種は、ちょっとこの写真ではよくわからないのですが、addiは針先が2段階になっていて
途中で少し細くなっているのでコードとの段差が少なく、なめらかに感じます。

ソックヤーンを20目作り目し輪にして、マジックループで4種の針で試し編みしてみましたが
一番つなぎ目の引っ掛かりがなくスムーズに編めたのはHiyaHiyaです。
次にスムーズなのがaddi。
Knito Proは針とコードの境目で必ず1回引っかかる。
KAは金属部とコードの境目で1回、竹と金属部の境目で1回、計2回引っかかるので
かなりストレスを感じました。


IMG_2599_1.jpg

最後に針先の比較です。
addiとknit Proはどちらがどちらかわからないくらい、両方シャープでなめらかで
編みやすいです。ただし金属なのですべりやすくて、糸によっては疲れることがあり。
もちろんすべりの悪い糸は、金属の方が編みやすいのですが。

KAとHiyaHiyaはHiyaHiyaの方がシャープで2目一度や交差が編みやすい。
というか、私がaddiやKnina等のシャープな針で編み慣れすぎたので、もう丸い針先は
編みにくく感じるようになってしまったのかもしれません。


IMG_2604_1.jpg

竹は竹同士で比べた方がいいかなと、switchの2.5mmも出してきて並べてみました。
switchも近畿編針ですが、針先はシャープで、でもHiyaHiyaほどではないです。
竹の質とかはよくわからないですが、色的にはHiyaHiyaは白竹より硬質竹に近いのか?
仕上げはさすがに日本製のKAとswitchはなめらかで、HiyaHiyaはほんの少しですが
ざらつきを感じました。

switchでもマジックループで試し編みしてみたのですが、KAのような引っ掛かりは
まったくなくてHiyaHiyaと同じくらいスムーズでした。
どう考えても非付け替えの方が、コードとのつなぎ目はスムーズだろうと思い込んでいたので
これはちょっと意外な結果でした。




長々と比較してきましたが、総合的にはHiyaHiyaが一番編みやすくて好きです。
switchももちろん編みやすいですが、コードを付け替えられるという最大の利点が
私のようなモノグサアミモナーには弱点にもなるのです。

靴下を編もうかなと思ったときに、まず引っ張り出すのは最初はソックロケッツでしたが
ちょっと前まではswitch、そして今はHiyaHiyaなんですよね。

コードの取り回しやすさ、針先のシャープさ、そして竹であると
マジックループで靴下を編むのに、私好みの要素が詰まっていると思います。
ただ針先がシャープすぎるので、指で針先を押す癖のある人は痛い思いをしてしまうかも
しれません(//>ω<)

HiyaHiyaですが私はatti's Socks Shopで購入しました。
靴下関連の道具やソックヤーンが充実していて、発送も早くて送料も良心的だし
今は年末年始のお休み中みたいですが、またぜひ利用したいお店です。


もう少し、今年買ってよかった編み物道具シリーズ続きます。(たぶん・・・)
よかったらお付き合いくださいヽ(´∀`)ノ



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

今年買ってよかった編み物道具~その1~

2019年そして令和元年ももう終わろうとしていますね。
ふと思い立ったので、今年買ってよかった編み物の道具について
書いてみます。


・switch切替輪針


付け替え輪針のセットはニットプロのシンフォニーウッドとノバメタルを持っていたのですが
やはり竹針が好きなので、竹製の付け替えも欲しいなと思っていて
で、各種検討の後、近畿さんのswitchにしました。

過去記事をたどったら、試しに1本買っていました
結果、なかなか編みやすかったので他のサイズも買うことにしたのですが
switchのセットは針先の長さが10cmのものしかないようだったので
12.5cmのものをUSサイズの2.0~6.5mmまでバラで揃えました。

※私が買ったのはこちらのタイプです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切替輪針用針先 12.5cm M4 2本1組
価格:1298円(税込、送料別) (2019/12/23時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切替輪針用針先 12.5cm M2 2本1組
価格:968円(税込、送料別) (2019/12/23時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切替輪針用針先 12.5cm M1.8 2本1組
価格:1034円(税込、送料別) (2019/12/23時点)



ところで前記の試しに1本買った記事中で
「USサイズの4.5mmと日本サイズの8号って同じ太さだけど、
なぜかUSサイズの方が安い
太さ以外に何か違いがあるのだろうか?」

と書いていたのですが、その謎は解けました!

USサイズと日本サイズの針は材質が違っていて、USサイズはnatural(白竹)で
日本サイズはumber(硬質竹)なので、硬質竹の方がお高くなっているようです。
なんとなく白い方が綺麗だし高級そう…なんて思っていたのですが、逆でした(´∀`*;)ゞ


switch切替輪針についての感想ですが

【良い点】
・竹である
・太さは2.0mmから10mmまで、長さは5cm、10cm、12.5cm、14cmとサイズが豊富
・USサイズと日本サイズがあって好きな方を選べる
・針先は程よくシャープでなめらかで編みやすい
・コードは細めでマジックループもしやすい
・金属とコードの接続部はくるくる回るのでよじれない

【いまいちな点】
・コードの規格が3種類あって針サイズ別に揃える必要があり、めんどくさい
・ジョイント部は素手でただ締めただけだとちゃんと締まってなくてゆるんでくることがある
(私の手がカサカサなせいかも(//>ω<) いつもゴム手袋をはめて締めています)
・針の号数によって、細番手はよいが太番手は金属部分の傾斜がきつくて
 糸を送るときにひっかかることがある



・切替輪針用ケース

というわけで、バラで買ったのでケースがありません。
非付け替えの輪針(knina、addi等)は買った時の袋のままカゴに入れてまとめているのですが
付け替えは買った時の袋のままだとさすがに使い勝手が悪すぎるので
収納用のケースを買おうかと思って、あれこれ検索してみました。

今年趣芸さんで新しくシンプルなケースが発売されて良いなあと思ったのですが
いかんせんお高いので、購入には至らず・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切替輪針用 Seeknit(シークニット) ケース
価格:7150円(税込、送料別) (2019/12/23時点)



MOORITのセットのケースもおしゃれでステキ。
でもこれも針先は10cmなんだよなぁ(´・_・`)
それにS~MとLとで別れているので全部まとめられないのが嫌。
そもそもケースだけの別売りもしてないみたいだし。

Miknitsの切替輪針セットはケース別売りがあるし、すごくかわいい。
ただしお高い・・・(´д⊂)


いいなと思うケースは皆お高いので、自分好みのものを自作しようかなと思っていたのですが
思うばかりでいっこうに実行に移さず・・・。
そんな時、Amazonで見つけたこちらのバッグがお手頃価格だったので買ってみました。



私が買ったのはsmallサイズの黒です。

IMG_2482.jpg


手前のファスナーポケットの部分にかぎ針用にゴムのテープが付いているのですが
ここに輪針の針先を入れてみました。

IMG_2484.jpg


いちおう手持ちのswitchの針は全部収まりました。
バッグの内部にはファスナーポケット1個、2室のポケットが2個あって収納量はけっこうあります。

IMG_2487.jpg


バッグ本体や中のポケットには、シンフォニーウッドやノバメタルのセットと予備のコード
switchのコードやストッパーを収納しました。

IMG_2486.jpg
IMG_2485.jpg


本来はかぎ針と小物、編みかけのものを入れて持ち歩くためのバッグだと思うのですが
付け替え輪針の収納用としても、とりあえず手持ちの付け替え輪針関連の道具が
すべてすっきり収まったので満足です。

switchのコードは針サイズ別に3種類あるのですが、その3種類を内ポケットに
わかりやすく分別して入れられる点が良かったです。
いまいちなのは針を差し込むゴムがやけにゆるゆるなところが一箇所ある点と
針の太さの表示がない点。


私は今のところ使ってないのですが、外ポケットにもかぎ針やハサミ等入れられるし
中に毛糸を入れた場合、ハトメの穴から糸を引き出して、マジックテープで留めておけて便利そうです。

IMG_2488.jpg


本当に理想の輪針ケースは自作しかないのかなと思いますが、
またミシンの神が降臨されるまでは、お手頃価格のLUXJA トートバッグでよいです。
というか、充分でございます。(*´∀`人 ♪




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

addiのクレイジートリオを買ってみた

靴下編みを始めてから気になっていました
addiのCraSyTrio

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

addi CraSy Trio(クレイジートリオ)21cm×3本組 160-2(...
価格:2808円(税込、送料別) (2018/9/30時点)



ちょっと前にテライさんで買っていたのですが
涼しくなって靴下気分になったので、初めて使ってみました。

IMG_1449.jpg

3本の短い両針先の針(中心が短いコードでつながれています)
編み方の小冊子が付いていて、親切です。
箱の裏側にQRコードがあったので、スマホでアクセスしたら
編み方、というかCraSyTrioの紹介動画が見られました。


IMG_1454.jpg

針先は片方がlaceと同じシャープなタイプで、もう片方が普通のタイプです。
最初気づかずに、なんとなく編んで、針先丸いやつなんか!と思ってショックを受けたことは
ヒミツです(〃ノωノ)
私はlaceで編みなれているので、普通のタイプで編むと編みにくく感じてしまいました。
サイズは2.5mmにしました。

IMG_1452.jpg

実際に編んでみた感想ですが
確かに靴下編みに特化した針なだけのことはあって、編みやすいです。
輪針でマジックループに比べて、コードを引っ張る手間もないし
4、5本針に比べて針と針の間のゆるみもないし、針がカシャカシャ邪魔になる感じも
少ないです。

マイナス点は、常にシャープな針で編みたい場合、いちいち確認しなくては
いけないのが地味にストレス。
両方シャープにして欲しかった。
針部分の長さは8.5cm位で、思ったほど編みにくくはないけれど
やはり短すぎて、普通の輪針の方が編みやすい。
マジックループで編むのに慣れていると、編み終わった左側の針を無意識に放り出して
しまうので、何度も針を落としました(//>ω<)
まあ、マイナス点については慣れが解消してくれるかもしれないですが
今のところ、私は輪針を捨ててクレイジートリオに走る気にはなれないかな?

ただ、輪に編む以外の利用法として、ちょっと目を休めたりするのに
便利に使っています。
なわ編み針の代わりに使ったりもできそう。

なんにしても新しいお道具はココロ踊ります。
もう少し試してみようと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

グレイスフルリネン&PuPuでpeipponenを編みました

せっかく宣言したというのに、また間が空いてしまいましたが…
ravelryから編んでいたショール”peipponen”
ブロッキングして、完成しましたo(^▽^)o



IMG_1329tr.jpg

前をピンで留めてみました。


IMG_1331.jpg

後ろから見ると、こんな感じです。
よくravelryで見る、ファサーと手を横に広げた写真に憧れているのですが
一人では撮影不可能で残念です(=∀=)

編み始め、3目作り目してガーターを7段編み、段の横部分から3目、作り目側から3目拾って
合計9目にする、っていうのが最初よくわからず、しばし悩みましたが
"garter tab cast on" っていうんですね。
検索すると、編み方の動画や説明してくれるページがたくさん見つかって
なんとかできました。
こちらのページとか、写真がたくさんで、わかりやすかったです。
別糸で作り目して、ほどきながら拾う方がきっとキレイにできるのでしょうが
面倒なので、普通に指でかける作り目にしてしまいました。

慣れない英文パターンでしたが、パターン自体がシンプルで、レース模様の編み図chartもついているし
わかりやすくて、楽しく編めました。

ただ1箇所悩んだのが、chartDでchart通りの編み始めで編むと、どうも段の終わりが
違ってきてしまって左右対称にならなくて、どこかで間違えたかなと確認しても
特におかしいところがなくて(´・_・`)

ravelryでプロジェクトノートにブロッキングの全景写真を載せているかたを
チェックしてみたら、けっこうみなさん左右対称になってないみたいなので
そんなに気にしなくてもいいのかなぁ、と思いまして
そのまま突き進んで仕上げてしまいました。


IMG_1313_tr.jpg

私もブロッキングの写真を載せてみます。
以前malakaを編んだときに買ったジョイントマットが、久々に活躍してくれました。



コットン&リネンの糸なのでエジングが伸縮に欠けるかと心配しましたが
意外と伸びてくれて良かったです。
このパターン指定のbind offも初めて見る手法だったのですが
"Simple Stretchy Bind Off" というのかな?



簡単だけど、けっこう伸縮性のよい止め方のようです。


使用糸:グレイスフルリネン 100g 757m  col.18 オリエンタルブルー
    PuPu(ププ)    40g288m   col.15 マリンブルー
使用量:89g(各300~350m?)
使用針:addi lace 4.0mm 80cm輪針
仕上がりサイズ:幅 約150cm 高さ 36~37cm(一番長いところ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\P5倍/\衣替えGOGO!!/【370】graceful linen(グレイス...
価格:907円(税込、送料別) (2018/6/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\6月ずっと/PuPu(ププ)【綿100%/約40g玉巻(約288m)/超極細】...
価格:230円(税込、送料別) (2018/6/16時点)



グレイスフルリネンのオリエンタルブルーは落ち着いた色みの青で、
PuPuのマリンブルーは少し明るめの綺麗な青です。
2本取りにすると、ちょっとデニムっぽい良い感じのブルーになってくれて、気に入りました。

コットンと引き揃えたせいか、リネンのケバとかもほとんど気にならず
仕上がりはサラリとした肌触りで気持ちいいです。

パターンは100g500mの毛糸を4-4.5mmの針という指定だったので
最初4mmの竹輪針(switch)で編んでいましたが、綿麻糸のせいかどうにもこうにも
すべりが悪くて編みにくかったので途中でaddiに変えました。
4mmで最初編み目がスカスカしてるかなと気になりましたが、水通し&ブロッキングしたら
大丈夫でした。

それからパターンで糸の使用量が460mとなっていたので
PuPuは1玉じゃ足りないと思い、買い足していたのですが
なぜかそんなに使わなかったのがフシギです。
正確ではないですが、たぶんPuPuの使用量は300~320mくらい?
まあ、あと最後の1段というところで終わってしまったので、買い足しておいて
よかったのですが。
途中のメリヤス部分を2~4段カットすれば1玉でもいけそうです。
グレイスフルリネンは半分も使いませんでした。


次のショールのプロジェクトも同じくグレイスフルリネンとPuPuの2本取りで編んでます。

IMG_1370.jpg



ravelryの超人気パターンの"Haruni"です。
まだまだ先は長いですが、頑張ります(*・`ω´・)ゞ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用