FC2ブログ

ブリオッシュ編みにチャレンジ

ブリオッシュ編み。
ずいぶんと前から気にはなっていたのですが、編み図を見るたび、まったく訳がわからなくて
無理だ~・・・と戦意喪失しておりました。

それが、毛糸だまの179号 「西村知子の英語で編もう」がブリオッシュ編みの解説で
ものすごく基礎的な編み方、サイズもコースターサイズのブリオッシュ編みだったので
これなら編めそう!と、急にやる気になりました。



まずこの解説が英文パターンベースなので、自分的に訳のわからない編み図がなかったので
逆にわかりやすかったです。
それと、ブリオッシュ編みというとまず2色の作り目から始めなくてはいけないと
思い込んでいて、それも面倒なイメージだったのですが
このコースターは最初に数段ガーター編みを編んで始めるかたちなので
作り目が必要ないというのも、ハードルが低かったです。

「ほどく」と「かける」の2種類のやり方があるというのも初めて知りましたが
最初は「ほどく」方でやってみました。
これは操作もシンプルで、けっこうスイスイ編めました。

ブリオッシュ編み = ゴム編みと思っていたのですが、ALLメリヤスのスタイルも
あるんだー、と、これも新発見でした。

次に、すべり目+掛け目のオーソドックスな方でやってみましたが、最初つまずきました。
というのも

・すべり目の時に針をどこに入れるのか?
・掛け目の糸は手前から向こうに掛けるのか、向こうから手前に掛けるのか?
・表編みと裏編みですべり目掛け目のやり方を変えるのか?

という基本中の基本がわかっていなかったからです。
こちらに関しては、"brioche stitch"で検索して動画を見て解決しました。

・表目でも裏目でも、すべり目は裏編みのように手前に針を入れてすべらせて
 掛け目は手前から向こうに掛ける。


ということがわかったら、あとは割りとスイスイ編めました。


IMG_1564tr.jpg

ゴム編みで毛糸だまの見本通りにコースターを編みました。
それからメリヤスのみで編んだのが、ボタン付きのです。

慣れてきたので、少し模様編みをしてみたくなり、毛糸だま170号に載っていた
「Large Knotted」という模様を入れたコースターを編んでみました。
この模様は複雑そうだし、引き上げ編みの中上5目1度をマスターするまでは
本の編み方解説と首っ引きでしたが、いったん覚えてしまうと、5目1度と5目編み出しの段以外は、
普通にゴム編みするだけなので意外と楽でした。

糸はすべてカメレオンカメラソリッド、3.0mm針で編みました。




IMG_1566tr.jpg

裏側はこんな感じです。
じつはけっこう間違えてます(//>ω<)
ブリオッシュ編みで困るのは、間違えたり、編み目を落としたとき
修復できるかどうか非常に不安になります。

IMG_1543.jpg

ボタン付きのはカップホルダー?カップスリーブというのかな?として
使おうと思います。
家にちょうどよいカップがなくて、そばちょこに巻いてみました。


「Large Knotted」の模様と、からし色&グレーの配色が気に入ったので
リストウォーマーにしてみました。

IMG_1581.jpg

コースターはALLメリヤスでしたが、やはりゴム編みのほうが模様がくっきりするので
ゴム編みに、あとグレーも濃い色のほうが模様が引き立つかと、
チャコールグレーの糸にしてみました。
こちらはminneに出品しましたので、よかったら見てくださいませ。

ブリオッシュ編みのリストウォーマー



あとから、ナンシーマーチャントさんのブリオッシュ編みの本を図書館で借りてみたのですが
この本の編み図はわかりやすかったです。

なんというか、日本の編み図だと編みあがった見た目ベースなので
実際編むときの操作と食い違ってるというか、ブリオッシュ編みのような編み方には
適してないような気がしてしまうのですが、ナンシーさんの本は、編むときベースの
編み図というか…、
うまくいえませんが、とにかくわかりやすいなと思いました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用