グレイスフルリネン&PuPuでpeipponenを編みました

せっかく宣言したというのに、また間が空いてしまいましたが…
ravelryから編んでいたショール”peipponen”
ブロッキングして、完成しましたo(^▽^)o



IMG_1329tr.jpg

前をピンで留めてみました。


IMG_1331.jpg

後ろから見ると、こんな感じです。
よくravelryで見る、ファサーと手を横に広げた写真に憧れているのですが
一人では撮影不可能で残念です(=∀=)

編み始め、3目作り目してガーターを7段編み、段の横部分から3目、作り目側から3目拾って
合計9目にする、っていうのが最初よくわからず、しばし悩みましたが
"garter tab cast on" っていうんですね。
検索すると、編み方の動画や説明してくれるページがたくさん見つかって
なんとかできました。
こちらのページとか、写真がたくさんで、わかりやすかったです。
別糸で作り目して、ほどきながら拾う方がきっとキレイにできるのでしょうが
面倒なので、普通に指でかける作り目にしてしまいました。

慣れない英文パターンでしたが、パターン自体がシンプルで、レース模様の編み図chartもついているし
わかりやすくて、楽しく編めました。

ただ1箇所悩んだのが、chartDでchart通りの編み始めで編むと、どうも段の終わりが
違ってきてしまって左右対称にならなくて、どこかで間違えたかなと確認しても
特におかしいところがなくて(´・_・`)

ravelryでプロジェクトノートにブロッキングの全景写真を載せているかたを
チェックしてみたら、けっこうみなさん左右対称になってないみたいなので
そんなに気にしなくてもいいのかなぁ、と思いまして
そのまま突き進んで仕上げてしまいました。


IMG_1313_tr.jpg

私もブロッキングの写真を載せてみます。
以前malakaを編んだときに買ったジョイントマットが、久々に活躍してくれました。



コットン&リネンの糸なのでエジングが伸縮に欠けるかと心配しましたが
意外と伸びてくれて良かったです。
このパターン指定のbind offも初めて見る手法だったのですが
"Simple Stretchy Bind Off" というのかな?



簡単だけど、けっこう伸縮性のよい止め方のようです。


使用糸:グレイスフルリネン 100g 757m  col.18 オリエンタルブルー
    PuPu(ププ)    40g288m   col.15 マリンブルー
使用量:89g(各300~350m?)
使用針:addi lace 4.0mm 80cm輪針
仕上がりサイズ:幅 約150cm 高さ 36~37cm(一番長いところ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\P5倍/\衣替えGOGO!!/【370】graceful linen(グレイス...
価格:907円(税込、送料別) (2018/6/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\6月ずっと/PuPu(ププ)【綿100%/約40g玉巻(約288m)/超極細】...
価格:230円(税込、送料別) (2018/6/16時点)



グレイスフルリネンのオリエンタルブルーは落ち着いた色みの青で、
PuPuのマリンブルーは少し明るめの綺麗な青です。
2本取りにすると、ちょっとデニムっぽい良い感じのブルーになってくれて、気に入りました。

コットンと引き揃えたせいか、リネンのケバとかもほとんど気にならず
仕上がりはサラリとした肌触りで気持ちいいです。

パターンは100g500mの毛糸を4-4.5mmの針という指定だったので
最初4mmの竹輪針(switch)で編んでいましたが、綿麻糸のせいかどうにもこうにも
すべりが悪くて編みにくかったので途中でaddiに変えました。
4mmで最初編み目がスカスカしてるかなと気になりましたが、水通し&ブロッキングしたら
大丈夫でした。

それからパターンで糸の使用量が460mとなっていたので
PuPuは1玉じゃ足りないと思い、買い足していたのですが
なぜかそんなに使わなかったのがフシギです。
正確ではないですが、たぶんPuPuの使用量は300~320mくらい?
まあ、あと最後の1段というところで終わってしまったので、買い足しておいて
よかったのですが。
途中のメリヤス部分を2~4段カットすれば1玉でもいけそうです。
グレイスフルリネンは半分も使いませんでした。


次のショールのプロジェクトも同じくグレイスフルリネンとPuPuの2本取りで編んでます。

IMG_1370.jpg



ravelryの超人気パターンの"Haruni"です。
まだまだ先は長いですが、頑張ります(*・`ω´・)ゞ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

カメレオンカメラ・サマーでBasic Ribbed Socksを編みました

またまたすっかりご無沙汰しておりました。
毎年春夏は、編み物モチベーションが下がるのですが
今年は毎日せっせと編んではいました。
ただ、写真を撮ったりブログにUPしたりするのが
えー…、面倒で…(´∀`*;)ゞスミマセン。

まだまだ靴下熱は続いてまして、次の靴下を何にしようかと考えておりました。
今までメリヤスベースの靴下しか編んだことがなかったのですが
リブタイプの方がフィットするだろうなぁ、というのと
まだ編んだことのないタイプのかかとの中で、ダッチヒールというのを
編んでみたかったので、色々探したら、RavelryのBasic Ribbed Socksが
条件ぴったりで、見た目も好みだったのでこちらを編むことにしました。

糸は先日買ったカメレオンカメラ・サマーで、色は4番のサンセットです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\P10倍/【830】Chameleon Camera Summer(カメレオン...
価格:1512円(税込、送料別) (2018/5/30時点)


この前買いそびれたネイビーブルーが入荷してないかな~と思ったら
他の色も品切れになっているという…(;д;)



このパターンは履き口から編むタイプで、履き口から編むタイプははるか昔に
たたさんの靴下を1足編んだきりなので、もう忘却の彼方だし
慣れない英文パターンだし、いろいろ不安だったので
趣芸さんで買い物をするともらえるopalのパターンも参考にしました。

趣芸さんのパターンは編み図がついているので、というか文章の説明はほんとポイントだけなんだけど
やはり長年編み図で編んできたもので、この編み図があるとすごくわかりやすくて
ありがたかったです。

で、めでたく完成\(^o^)/

IMG_1265.jpg

このパターン、サイズがS、M、L、メンズS、メンズLと選べるので、私はSで編んだのですが
サイズぴったりで、リブなのでもちろん伸縮もよくてすごく気に入りました。
糸も普通のカメレオンカメラよりさらっとしていて肌触りもよくて、いい感じです。


IMG_1267.jpg

このかかと、いいですね!
かかと全体がすっぽり包まれて、安心感があるというか。
今回はパターン通りメリヤス編みにしましたが、次に編むときはすべり目模様?
にしたいです。


つま先はずっと2段ごとに両脇で減らしていく
…というかトゥアップなので増やしていくパターンしか編んだことがなかったのですが
コレは4段ごと→3段ごと→2段ごと→毎段と変えていくパターンで、とがったつま先になります。
最後は8目しか残らないので、糸を通して一気に絞ればいいのに
私は勝手に「履き口から編む=つま先はメリヤスはぎ」と思い込んでいて
最初の1枚は苦労してメリヤスはぎにしてしまいました(//>ω<)

IMG_1291.jpg

わかりづらいですが、左がメリヤスはぎで、右が糸を通して絞った方です。
大差ない、というか絞った方のがキレイかも(´・_・`)
メリヤスはぎって、やりかたの説明や図を見ると、なんだ簡単じゃんと思うんですが
実際つま先でやってみると、説明の図みたいにきれいに正対してないし
糸が段染めで細かったりすると、よけいにわけわからなくなりますねー。

でもこのパターンはメリヤスはぎも要らないし、気に入ったのでまた違う糸でも
編みたいです。


そのほか、このパターンで私が引っかかったポイントを書いておきますね。

まずかかと折り返し(heel turn)を編んだあと、すべり目から目を拾う(pick up)ところ。
heel flapが22段で最初の1目をすべり目しているので、端の目は11目しかないのに
15目拾う指定になっていて、どうもきれいに拾えそうにないので
12目拾って済ませてしまいました。
なのでgussetがその分小さくなってますが、見た目も履いてみても、特に支障はなかったです。
私の甲があまり高くないせいかも。

gussetの減らし目。
"work an even round"という文の"even"の意味がよくわからず読み飛ばして
結果、1段おきに減らすべきところを毎段減らしてしまって
あれれ?おかしいゾ?となりました。
以前も他のパターンで"even"の意味がよくわからなかったことがあって
英文パターンハンドブックで調べたのですが載ってなくて、そのままにしていたのですが
今回、こちらの本で調べたら、バッチリ!載ってました。


even; 増減なしに、まっすぐに
(例:Work XX rows even = XX段まっすぐに編む)

だそうです。
このパターンにはつま先部分にまさに、"Work 3 rounds even"という文があったり
たくさんeven が使われていたので、はっきり意味がわかって良かったです。


次の靴下はもう編み始めていて、attiさんのショートソックスpenneです。

片方は編みあがっていて、もう片方のリブあと10段というところで止まってます。
トゥアップの靴下はいつも最後のリブで停滞してしまいます。


それから突然ショールブームがやってきて、raverlyでパターン検索していたら
編みたいものだらけで困ってしまいました。
結局Peipponenを編むことにしました。


IMG_1307.jpg

この写真は2週間位前に撮ったものでして
実はもう編みあがっていて、あと水通ししてブロッキングしたら
また写真に撮ってブログにUPする予定です。
宣言して自分を追い込むスタイルです。
そうでもしないと、また更新さぼってしまいそうなので(´∀`*;)ゞ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

ショートロウのくつ下を編みました

人生初のトゥアップくつ下を完成させ
すっかり靴下編みの楽しさに目覚めた私は、2足目のくつ下に着手しました。

前回参考にした、というより100%頼りにした、 『つま先から編む、かんたん、かわいいくつ下』


この本は
「Judy式作り目+ガセットヒール」のくつ下
「ショートロウのつま先+かかと」のくつ下
の2種類と、それぞれのバリエーションがのっています。

くつ下編み初心者の私としては、色々な編み方を知りたかったので
今回は「ショートロウのつま先+かかと」のくつ下を選びました。

ショートロウとはなんぞや?というところからスタートしましたが
本に解説が書いてありました。

 「ショートロウという編み方は、仕上がりが日本の「引き返し編み」とほとんど同じですが、
 引き返しの段差を消す方法が少し違います。
 かかとの目の増減がガセット式とは違うので、色の切り替えなどデザインに生かしたいときに
 おすすめの方法です。


だそうです。ナルホドナルホド…。
では、ショートロウ=ラップ&ターンということなのか?
ムム、なんかちょっと違うような…?

と思い、こちらの本で調べてみました。


「引き返し編みのこと」という章があって、詳しい解説がありました。
それによると、"Short Rows"は引き返し編みの総称で、
引き返したときに穴があかないようにする処理の方法として
ラップ&ターン、ジャーマンショートロウ、日本式の引き返し編み等がある
ということらしいです。

今までバラバラの単語として知っていたショートロウとラップ&ターンの関係性が
やっとわかりました(´∀`*;)ゞ

こちらの本は買った当初に全体を一読したきりだったのですが
あらためて読むと、英文パターンに関する情報の宝庫ですね。
「英文パターンハンドブック」はもちろんですが、こちらの本も
英文パターンで困ったときの強い味方になってくれそうです。


話が横道にそれましたが、初ショートロウのくつ下、完成しました!

IMG_1139.jpg

糸はまたもやカメレオンカメラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chameleon Camera(カメレオンカメラ)【防縮ウール75%・ナイロン...
価格:1522円(税込、送料別) (2018/3/12時点)


全体はcol.23 モザイク、つま先とかかとは単色にして切り替えのデザインにしてみました。
ベージュの単色糸は、カメレオンカメラソリッドのcol.106 アールグレイシフォンです。

IMG_1140.jpg

つま先は別糸でくさり編みを編んでそこから拾うのですが
私はこの別糸の作り目がキライ…というか苦手なのです。
まずくさりの裏山を拾うのが嫌いだし、あとからくさりをほどいて拾うのが苦手(//>ω<)

しかしこれも修行よということで、がんばってみました。
幸い先日購入した「編み出し糸」があったので、この糸でくさり編みを編んで
拾い目をしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【A-201】編み出し糸(太)毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸
価格:356円(税込、送料別) (2018/3/12時点)


いつもはその辺にあるコットンの余り糸でくさり編みするのですが
やはり"編み出し糸"としてあえて売っているだけのことはあるな、と感動しました!
糸に張りがあって、つるつるしているので、すごく拾いやすい!
あとでほどいて目を拾うのもやりやすかったです。

しかしこの糸、昔リリアン編みに使ってた糸に似てるなぁ。
100均とかに売ってないかしら?などと思ってしまう貧乏性のオバサンなのでした。


編み出し糸のおかげで、別鎖の作り目は楽になったとはいえ、
ショートロウのつま先は苦戦しました(>ω<)
本では1周64目だったのですが、そのままでは大きすぎるのが前回わかったので
56目に変更。
それに伴い引き返す目数も本とは変えねばならなくて、そこで混乱。
引き返す目数を途中で数え間違えて、最後でつじつまが合わなくなって
全ほどきして、作り目からやり直し…。。。


などなど紆余曲折を経て、やっとかかとにたどり着き、かかとについては
つま先とまったく同じなので、ラップ&ターンも難なくこなしてやれやれと思ったのですが…

…なんだかラップ&ターン部分の見た目が右側と左側で違うような…。
本の通りにしたつもりではありますが、そういえば段消しのところ
写真が小さくてローガン者にはキビシクて、針を入れる矢印もどこに入れるのか
ようわからんまま、これでいいやろ、みたいに済ませちゃったんだよなぁ…。

たまたまくつ下のサイズについて、itosakuさんの動画を見ていたら
関連動画に「wrap&turnの引き返しのかかと」というのがあったので
見てみたんです。



そして気づきました。
自分、完全に間違えていた、と。


合ってるほう(たぶん)
IMG_1144.jpg


間違ってるほう( /ω)
IMG_1141.jpg


表編みで、ラップした糸と2目一緒に編むところの針の入れ方が違っていて
ラップした糸が表に出ちゃってる状態になってました(//>ω<)

かかとだけでなく、つま先も当然間違ってるので直すなら全ほどきです。
しかしもう、つま先ですでにさんざん苦戦していたので編みなおすのが嫌で
どうせ自分用だし、初ショートロウ記念だし
という訳のわからない言い訳をして、このまま突き進むことにしました!

思えばmalukaを編んだとき、ラップ&ターンを使っていたしその時はちゃんと編めていたはずなのになぁ。
結局本の通り、見ながら編んではいたけど、身にはついていなかったということですね。

あと、本には「かかとに穴があきそうなときは」
という親切な写真付きの解説があるのですが、その通りにしてもどうも
穴があいちゃう感じ…というか、こちらも写真が小さくてよくわからなくて

結局自己流で、かかとが終わって休めた甲と合体する段で1目増やし
次の段で2目1度することで、なんとなく穴が目立たないようになりました。


IMG_1146.jpg

履き口はねじり1目ゴム編みで。
止めは本ではJSSBOでしたが、ねじり1目ゴム編み止めを会得したので
そちらで仕上げました。
2目ゴム編み止めはどうしても会得できなくて、本を見ながら首っ引きでやっても
間違えるので、2目ゴム編みだったら迷わずJSSBOで仕上げていたことでしょう。


サイズについて
前回少し大きすぎたので、小さめに仕上げるよう心がけました。
おかげで素足に履いてもジャストなサイズに仕上がって、大満足です.゚+.(・∀・)゚+.
itosakuさんの動画で見たとおり、実際の足のサイズ マイナス2cm位で仕上げるのが
いいのかな、と思います。



itosakuさんのくつ下動画、すごくすごくお世話になっております。
ほんとにくつ下編み初心者にとって、すべての動画がありがたきバイブルです。


ショートロウのくつ下について
かかとについては、マスターしてしまえば難しくないし、私の足にはフィットするし
なかなか良かったです。
ただつま先については、やはり別糸の作り目&拾い目が面倒。
前回編んだJudy式作り目のほうがぜんぜん簡単で、仕上がりも大差ないので
もうショートロウのつま先で編むことはないでしょう…たぶん。


使用糸:カメレオンカメラ(100g420m)
使用針:2.5mm80cm輪針
使用量:47g


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

i-codeで手袋を編んでみた その2!

3月中に、なんとかこの冬編んだものの記事をあげなければ
春になってしまう~・・・と、若干の焦りを感じています:(´◦ω◦`):

先日こちらの本を参考に、i-codeで指先から編む5本指の手袋を
編みました。




すごーく気に入っておりまして、編みあがった後カバンにしまっていたのですが
用もないのに取り出しては手にはめてニマニマしたり
ちょっと挙動不審になるくらい、達成感でいっぱいでした。

指が少し長すぎる仕上がりになったのですが
ググーッと指の股と指先を引っ張って指に沿わせれば、あまり気にならないし
なによりそのフィット感とあったかさに感動して
外出時は必ず着けて、シアワセ気分を噛みしめておりました。

今まで手袋やハンドウォーマーは、親指を編む穴を開けて、あとでその部分から
親指を編み出すまちなしのタイプしか編んだことがなかったのですが
この手袋は横に張り出したまちがあるので、指の動きが自由で
すごく手の形に合っているんですよね。


編むのもとても楽しかったので、第2弾を編もうと思いまして
息子用に編むことにしました。
腹巻き帽子第2弾を編んだカメレオンカメラが、まだ50g以上残っていたので
色も地味目で息子用にちょうどよいかなと、それを使って編みました。


IMG_1130tr.jpg

このカラーは等間隔の縞になる柄なのですが、指の部分は目数が少ないので
すごくぶっといシマになりました。
これってどうなん?と思いながら編んでいましたが
仕上がってみれば、まあこれはこれでアリかな?と。

前回、渡り糸を引き上げた目が少し目立つかなと思ったのですが
水通しして乾かして、使い始めるとほとんど気にならなくなりました。

でも今回は、いちおう渡り糸を引き上げた面が両方手のひら側に来るように
指をつなげる時の拾い目を、左右で変えてみました。


IMG_1135.jpg

自分用の第一弾と並べると、こんなかんじです。
今回は指の目数を本の通りにして、小指12目、その他16目、甲周り48目で編みました。
指の長さも、前回長すぎた反省を踏まえて、こころもち短めに編んでから
合体させたので、ちょうどよく仕上がりました。

ただ、他の指はぴったりなのに、小指だけが長すぎるみたいで
なんでかな???としばし悩みました。
これは小指さがりのある手袋なのですが
小指さがりが少なかったのではないかという結論に達しました。

なので次回編むときは、本の指定よりもう1段余分に甲周りを編んでから、
小指と合体させてみようと思います。


もうひとつ反省点。
それは、指を編む順番です。
本では一番先に小指を編むようになっていて、それ以外の指は特に指定がないので
そのまま流れで薬指、中指、人差し指、親指と編んで
さて薬指から人差し指までつなげようとなったときに
本当は人差し指の糸を切らずに続けて編まなければいけないのに
すでに糸を切ってしまっていたという…(´;ω;`)
嫌いな糸始末が増えてショックだったのでした(´;ω;`)

指を編む順番は、人差し指が最後!!
これを肝に銘じたいと思います。


IMG_1162.jpg

前回編んだ腹巻き帽子と。
やはり、模様の出方がぜんぜん違いますね。

もう1点、手首のゴム編みについて。
普通の1目ゴム編みだと、あまり綺麗に見えないことが
わかったので(コレはじぶんの技術不足ですが(//>ω<)
ねじり1目ゴム編みにしました。
そして普通に1目ゴム編み止めににしたのですが
止め終わってからよくよく見ると、なんかちょっと変?

ずっと表目をねじってきたのに、最後の止める段だけねじれてないのに
違和感が…。



私がとめとじはぎで悩んだときに必ず開くこちらの本で調べたところ
ちゃんとのっていました、ねじり1目ゴム編み止めのやり方が!

あらかじめ編目をねじった状態にしながら別針に移し変え、普通のゴム編み止めと
同じように止めればいいらしい。
「目がきつくなるため、少し細めの針に移すように」とも書いてありました。
なんて親切!
その通りにしたら、ちゃんと違和感のないゴム編み止めができました\(^o^)/


使用糸:カメレオンカメラ col.18ハリー
使用量:約40g
使用針:3号短5本針(i-code)、5/0号かぎ針(引き上げ用)、3号80cm輪針
仕上がりサイズ:甲まわり18cm×長さ26cm

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[楽★エントリーでP5倍(3/8(木)01:59まで)]\【P20倍】FINAL...
価格:1020円(税込、送料別) (2018/3/7時点)



完成した手袋は片方がねじってないゴム編み止め、片方がねじったゴム編み止めに
なっていますが、息子はもちろん気づいてないし、まあほとんど誰も気づかないでしょう。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

カメレオンカメラの腹巻き帽子第2弾を編みました

先日すてきにハンドメイドの腹巻き帽子を編みましたが
気に入って愛用しております。(主に腹巻きとして)
雪が降って極寒の頃にはたいへん重宝しました.゚+.(・∀・)゚+.

でもって、第2弾を編みました。

IMG_1148.jpg

帽子として使わないで腹巻きメインの場合、本の通りだと長すぎるので
今回、長さは2つ折りにして22cm、全長45cm位に変更しました。
腹巻き帽子というか、腹巻きネックウォーマーですね。


IMG_1149tr.jpg

腹巻きとしても十分な長さです。
前回編んだものは折らないで伸ばしたままだと、胸からお尻の下まで
すっぽり覆われて、それはそれであったかいのですが
これくらいのほうが、使い勝手はよさそうです。

使用糸は前回と同じく、カメレオンカメラとフワットンを2本取りにしました。
紺色系の段染めは、カメレオンカメラcol.18ハリー&フワットンcol.14 ブルーベリー
ベージュの単色は、カメレオンカメラソリッドcol.106 アールグレイシフォン&フワットンcol.10 ショコラ
の2本取りです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[楽★エントリーでP5倍(3/8(木)01:59まで)]\【P20倍】FINAL...
価格:1020円(税込、送料別) (2018/3/2時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[楽★エントリーでP5倍(3/1(木)00:00〜)]\ポイント5倍/Fouat...
価格:329円(税込、送料別) (2018/3/2時点)



しかしcol.18ハリーは、くつ下の目数なら、紺の細めのシマとブルーの点カスリのボーダーで
よい感じの柄が出るけれど、腹巻き帽子の目数だと、意味不明の柄にもならない柄?
になってしまいますね。
紺のモヘアと引き揃えたから、余計にそうなのかもしれませんが(>ω<)

カメレオンカメラの アールグレイシフォンとフワットンのショコラ2本取りは、
なかなかシックな良い色が出て、気に入ってます。
ただ単色でずっとゴム編みだと飽きそうだったので、交差と裏編みを少し入れて
アラン風にしてみたのですが、それでも飽きてしまって、なかなかはかどりませんでした(>ω<)
途中、全く編まない期間もあって、久しぶりに編むと何段ごとに交差だったか忘れてしまって
実際間違えてます。
まあ、気にせずそのまま仕上げてしまいましたが…(´∀`*;)ゞ


IMG_1156tr.jpg

使用針:9号60cm竹輪針(knina)
糸使用量:110g(カメレオンカメラ85g+フワットン25g)

次回編むとしたら、opalかカメレオンカメラ1本で3号棒針の、
薄手に仕上がるタイプを編みたいと思います。
目数が多くなるので、たいへんそうだけど、段染め糸ならナントカがんばれそうかな?



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用