FC2ブログ

ケストラーさんのミトンを編みました

先日大内いづみさんのi-code手袋を編みましたが
もうひとつ、今期気になっていた編み物本、それがケストラーさんのミトンの本なのです。



「親指から一気に編める」
という謳い文句、そして表紙のなんとも摩訶不思議なカタチ。
気になって仕方ないので、ついつい買ってしまいました。(あー、また本が増えるぅ)
そしてさっそく、編んでみました。

IMG_0939.jpg

まずは基本からでしょー、と思いまして、こちらの上の「基本のトライアングル」にしました。
編み方説明のページは親切で、過程がすべて写真で説明されていまして、
その写真が5本針で編んでいたので、最初その通りにやってみたのですが…

16目を4本の針に分けて輪に編んでいると、もうまどろっこしくてイラッとしてくるわ
針がするっとすっぽ抜けて落ちるわで、あっというまに挫折しました(>ω<)

それで80cm輪針に変えて、マジックループで編み始めたのですが
親指パートが終わって、本体パートに入ると、2段ごとに8目増し目をするので
けっこうな勢いで目数が増えていくわけです。
だんだんマジックループもつらくなってきて、これは60cm輪針に変えれば
普通に輪で編めるんじゃないかと、全体で110目を越えたあたりで
60cmに変えてみたのですが

無謀でした
編目がぱっつんぱっつんになって、非常につらかったです。
でもまた針を変えるのが面倒だったので、そのまま突き進みました。

もう片方を編む時は、そんな失敗を教訓として
親指パートを終えて目数が増えてきたあたりで、60cm輪針の2本使いにしてみました。
真ん中にマーカーをつけて。
これはすごく編みやすかったです。
編み間違えないように、1本を竹輪針(ニーナ)、1本をaddiにしました。
(それでも普通に間違えたりもしましたが…)


IMG_0933.jpg

糸は毛糸Zakkaストアーズのコリーヌです。
本体をcol.02のサンドベージュ、ゴム編み&親指をcol.08のテールグリーンで編みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Colline(コリーヌ)【ウール75%・ナイロン25%/合細-中細/約40g玉...
価格:309円(税込、送料別) (2017/12/11時点)


この糸、毛75%ナイロン25%なので、靴下編みにいいかなと思って買っていたのですが
防縮ウールではないんですよね。
とりあえずミトンを編んで、洗ったらどうなるか、試してみようかなと。

糸玉の状態よりも、編地になったほうがいい感じの糸でした。
ほんとに販売ページの宣伝文句通り、杢調なところがいい雰囲気になってます。


ところで本の指定糸はメイクメイクソックス(25g98m)で指定針は5号。
コリーヌは40g160mで使用針は3号。
なのでサイズ的に大丈夫か一抹の不安はあったのですが、
ケストラーさんはこのようにおっしゃっています。

 親指サイズさえ合えば、後は不思議にも自然にフィットするのです。
 自分の手の大きさになるまで、ただ編み続ければよいのです。


この力強いお言葉を信じ、あまり深く考えず編み続けました。
そして本の通り、34段編んで、指先部分をアイスランディック止めにしました。
この止め方、初めてやりましたが、割とスムーズに止められました。
慣れれば伏せ止めより早いかも?
ただ、私の止め方がきつくなってたのか、伸縮性がいまいちでした。
あとで止め方ページの注意書きに「ゆるめに止めるのがコツです」と書いてあるのに
気がつきました(//>ω<)

それからサイドの部分をかぶせはぎしてからアイスランディック止めにして
そのまま手首側の目を輪にしてゴム編みするのですが
ゴム編みの途中で手にはめてみて、どうもゆるいことに気づきました。

んん?指定より糸も針も細いのにゆるいとは、これいかに?
と悩みつつ、よくよく本を見直したら、この「基本のトライアングル」って
メンズサイズだということに気づきましたー・゚・(つД`)・゚・

そもそも自分サイズの決め方という図解がちゃんとあって
「自分の手の幅になるまで編む」って書いてあるのに、ぜんぜん見てなかったー。

仕方ないのでほどきましたが、かぶせはぎ+アイスランディック止めしたところが
なかなかほどけなくて苦労しました。
普通ならするするほどけるはずですが、この糸、よりが甘くて糸割れしやすいもので
かぶせはぎの時か、アイスランディック止めの時か、両方か
とにかく糸を割っちゃってたみたいで。

ほどいて自分サイズにしたんですが、指先部分のゴム編みを始めるところまで
さかのぼってほどくのが面倒だったので、指先のゴム編みはナシにして、
そのままメリヤス編みを伏せ止めにしちゃいました。

サイドのかぶせはぎ+アイスランディック止めも面倒だったし、またほどくはめになったら
などと考えてしまって、ふつうにかぎ針で引き抜きはぎにしちゃいました。

IMG_0942.jpg

しかしこのミトン、左右の区別がなくて、まったく同じものを編むわけですが
引き抜きはぎにすると、表側と裏側がはっきり違うので
手にはめた時に、左右で違ってしまうんですよね。
まあ、自分用だし、これはこれで良いことにします。

IMG_0936.jpg

しかし、指先側がメリヤスを伏せただけなので、当然クルンってします。
こういうデザインもありっちゃありだよね、などと自分に言い聞かせましたが
やはりどうもね、気になるので、あとからテールグリーンでゴム編みを編み足しました。


・・・紆余曲折を経て、完成

IMG_0949.jpg

ホントに不思議なかたちですよね。
でも、手にはめるとすごくフィットするんです。
人の手のひらってまっすぐじゃなくて、カーブしてるけど、そのカーブ通りの
かたちに編みあがっているからでしょうか。


IMG_0960.jpg

腕が短いので、せいいっぱいの引きの画でもコレです。

本では、メイクメイクソックス5号針で婦人用は28段ゴム編み32目ですが
私は30段34目で仕上げました。
糸の使用量は22gでした。
ちょっとした余り糸でも編めますね。
次は風車のタイプをソックヤーンで編みたいです.゚+.(・∀・)゚+.


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

スヌード&ハンドウォーマー制作中

ただ今制作中のもの達です。

去年パープルの糸で編んだ、ファーとアランのスヌード。

DSCF1211.jpg

これのベージュバージョンを編んでいます。

DSCF2768.jpg

ドロミテファーはすごくボリュームがある糸なので
10ミリの棒針で1段10目で編んでます。
それで幅が20cm位になりました。

2玉で65cm位編めたので、ネックウォーマーならこれで完成ですが
さらに並太毛糸でなわ編み部分を編んでます。
こちらは13号棒針38目で14~15cm幅くらい。
まだあと90cm位編まなくては(。>(ェ)<。)


それからこちらはもこもこ羊さんのハンドウォーマーの生成りバージョン。

DSCF2650.jpg

minneに出品したら、再販希望をいただいたので、鋭意制作中です。

DSCF2783.jpg

いつものように両手分同時編みで。
ゴム編み部分が終わって、これからもこもこ部分に入ります。

なるべく早く出品できるように、カンバリますo(≧ω≦)o



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

もこもこしたものと、ぽこぽこしたものを編みました

羊みたいなもこもこしたループヤーンでハンドウォーマーを編みました。
以前にUPした生成りの色違いバージョンです。


DSCF2543.jpg


このループヤーンはイタリア製の糸で、ふかふかのもこもこで
とってもあったかいです。
親指をゴム編みにしたので、全体的にすごくフィット感があります。


DSCF2549.jpg


こちらはminneさんに出品しましたヾ(・∀・)ノ





それからぽこぽこしたものは、こちらのサイトで見て、急にとっても編みたくなったので
編んでみました。

英語のページですが、工程ごとに写真をたくさん載せてくれていたので
なんとかなりました。
基本、写真を見ながら編んで、ときどき目数や数字だけ文章を確認、みたいな。
しかしこれだけたくさんの写真と文章が編み図だと1枚で済むのかと思うと
編み図って偉大です。


DSCF2568.jpg


こちらのページの配色がすてきだったので、まねして似たような糸を選んだつもりが
微妙な仕上がりに…(//>ω<)
でもパプコーン編みや玉編みがぽこぽこしてかわいいです。
ただ、パプコーン編みの長編みの目数をパターンより減らしてしまったので
ポコリ感が足りないかも。

外側の水色の玉編みを編む時、編み地をひっくり返して編んで
裏を表にして使うのが、おぉ~!と思いました。
こういう玉編みの時、裏側がポコってしまうので、いちいち手で表側に出してたのですが
こうすればラクチンですね。

編み進むにつれて、編地がうねって波打ってきてしまいました。
これは、長編みを編む時に糸の引き出し方が足りなかったせいか?
さてどうしようかな、あとでアイロンを当てればなんとかなるかな、
とそのまま突き進んでいましたが、
最後の茶色の段で、長編み3目、くさり1目のくり返しのところを
くさりを省いて長編みだけにしたら、なんとかちょうどよく落ち着きました。
ヨカッタヨカッタ( ^ω^ )

本当は最後に白糸でもう1段編んで四角くするのですが
(タイトルも”mom's square"です)
四角くしてたくさん編んでつなげる気力がなかったので、円形で終了して
ポットホルダーとして使うことにしました。
S字フックに掛けたかったので、ループも編み足しました。

愛用のポットを乗せてみたら、ちょうどよいサイズでした。




このポット、熱湯を注ぐと茶葉がめちゃくちゃジャンピングして
思わず見とれてしまいます。
容量もちょうどよくて、お気に入りです。
ガラスなので当然割れる可能性ありで、実際1度割ってしまいましたが
また同じものを買いました。


DSCF2570.jpg


ちなみに裏側はこんなかんじです。
ポコってないので、まったくかわいくないですね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

5本指から逃避中…(=∀=)

先日編み始めた次男の手袋ですが、
本体部分を編み終えて、さて5本指…というところで
パタリと止まっています(。-_-。)

あとから編み始めたハンドウォーマーが、先に完成してしまいました。
いつものアラン模様で、今度はグレーにしてみました。
ソフトメリノの中細と、純毛の中細を2本取りにしたら、ほどよく柔らかく
しっかりして、いいかんじになりました。

DSCF1750.jpg



こちらのグレー、濃淡ありますがどちらも杢調のよい色です。
2本取りにすると、ほぼ並太と同じゲージになるので、中細としても並太としても使えて重宝してます。

今回このハンドウォーマーは、80cm輪針で左右同時編みしたのですが
ソフトメリノも純毛の中細も、1玉ずつしかなかったのです。
なので、それぞれ毛糸玉の内と外から糸を取って編んだら
糸さばきがたいへんで死にそうになりました( ノД`)
でも、何とかなることがわかったので、またやるかも…。


グレー、ネイビーなど地味~な単色のアランばかり編んでいたので
ちょっとカラフル系の糸に触れたくて、お花モチーフを編み始めたら、
楽しくて、色違いでたくさん編んでしまいました。

DSCF1761.jpg

DSCF1762.jpg

極細のモヘアと極細ウールを2本取りにして編むのが楽しくて
この写真を撮った後も、さらに増殖中です。



この2種類のモヘアに毛糸zakkaさんのプレジール(50g600mの超極細)を引き揃えて編んでいるのですが、今見たらプレジールってもう廃盤なのでしょうか?
見当たらない…ショック!!
今ある在庫を大事に使いつつ、新しい極細ウールを探す旅に出たいと思います。

ところで次男は、朝方やはり手が寒いようなので、私の手袋を貸してあげてます。
黒無地だから、いいよね別に……

ゴメン、息子!なるべく早めに仕上げるからね。


*グレーのハンドウォーマーは、minneに出品しています。
 よろしかったら、右横のバナーからご覧になってくださいね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

『バスケット編み』を買いました!

嶋田俊之先生の本は、とにかく中身が濃い~ですよね。
実際本の中の作品をそのまま編むことはあまりないですが
知らない技法に出会えたり、先生のすごいこだわりに感動したり、
何かと新しい発見があるので、ついつい買ってしまいます。

今回の『バスケット編み』も、中身を見るまでは
「バスケット編みだけで1冊?そんなにネタあるのかなぁ…」
なんて思ってました。
しかし、中身を見たらすごい!
いつも通りの濃い~嶋田ワールドでした。

表紙のモザイクマフラー。
すごく微妙な色合いがバスケット編みによってより美しく見えます。
これは段染め糸だとばかり思っていたのですが、なんと1ブロックごとに
糸を付けて配色しているという…気が遠くなりそうです。
編地の裏側の写真も載せてありましたが、これは…

DSCF1713.jpg

糸始末で死ねますね
棒針編みには、かぎ針編みのように編みくるんでいくワザはないのでしょうか?

DSCF1715.jpg

この三角ストール編んでみたいです。
これは段染めのモヘアに、列ごとに添える色糸を替えてるそうなので
これなら私にもできそうです(´∀`*;)ゞ

DSCF1717.jpg

摩訶不思議なフォルムの2ウェイキャップとミトン。
バスケット編みでこんなこともできるんだ~。
帽子はネックウォーマーとしても使えるそうです。

DSCF1718.jpg


DSCF1719.jpg

この発想はなかった!と思った指なしミトン(ミテーヌというらしい)
1モチーフの半分で色を変えて、その組み合わせで風車になるとか、
いやー、すごいです。

DSCF1722.jpg

小物が中心のこちらの本ですが、ウェアも。
バスケット編みで立体的にネックを立ち上げるとか
どうなっているのでしょうか?
グレーとブルーの濃淡の繊細なグラデーションが美しいです。

DSCF1725.jpg

バスケット編みってこんな風にも使えるんだ~と思った作品。
ただ、平面で見ると美しいけど、首に巻いた姿はちょっとコレどうなの?
と、思わないでもないですが(=∀=)

DSCF1726.jpg

これは、バスケット編みということを忘れそうな、ものすごく自然になじんでますね。
木の葉もようがすてき。これは編んでみたい!

基本のバスケット編みについても、写真付きで工程ごとに細かく解説してあって
初めてバスケット編みをする人にも優しいんじゃないかと思います。



嶋田先生のすごい作品の数々の後だと、お恥ずかしいですが
私が過去に編んだバスケット編みの作品を載せてみます。

DSCF8004.jpg

1段おきに色を変えて編んだハンドウォーマー。
親指穴の開け方がわからず、苦労しました。

DSCF8087.jpg

グリーン系の段染め糸で編んだハンドウォーマー。
このときは嶋田先生の手袋本を見ながら、なんとか親指穴をクリアした気がします。
バスケット編みは段染め糸で編むのが好きなんですよね。
ブロックごとに色が変わっていくのがワクワクします。

DSCF1705.jpg

ピエロさんのオランジュで、スマホケースにしようかと編んだのですが
機種変したら、なんだか小さくないか?と思い始めて
いっそもう1枚編んで、リストウォーマーにしようかと、迷い中です。



12/4からセールなんですね。
もう毛糸の在庫がすごいことになっているので、
当分毛糸買うのは禁止にしてたんですが
以前買おうとしたときに品切れだったカラーもあるし、買ってしまいそう。(/∀\*)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用