FC2ブログ

ショートロウのくつ下を編みました

人生初のトゥアップくつ下を完成させ
すっかり靴下編みの楽しさに目覚めた私は、2足目のくつ下に着手しました。

前回参考にした、というより100%頼りにした、 『つま先から編む、かんたん、かわいいくつ下』


この本は
「Judy式作り目+ガセットヒール」のくつ下
「ショートロウのつま先+かかと」のくつ下
の2種類と、それぞれのバリエーションがのっています。

くつ下編み初心者の私としては、色々な編み方を知りたかったので
今回は「ショートロウのつま先+かかと」のくつ下を選びました。

ショートロウとはなんぞや?というところからスタートしましたが
本に解説が書いてありました。

 「ショートロウという編み方は、仕上がりが日本の「引き返し編み」とほとんど同じですが、
 引き返しの段差を消す方法が少し違います。
 かかとの目の増減がガセット式とは違うので、色の切り替えなどデザインに生かしたいときに
 おすすめの方法です。


だそうです。ナルホドナルホド…。
では、ショートロウ=ラップ&ターンということなのか?
ムム、なんかちょっと違うような…?

と思い、こちらの本で調べてみました。


「引き返し編みのこと」という章があって、詳しい解説がありました。
それによると、"Short Rows"は引き返し編みの総称で、
引き返したときに穴があかないようにする処理の方法として
ラップ&ターン、ジャーマンショートロウ、日本式の引き返し編み等がある
ということらしいです。

今までバラバラの単語として知っていたショートロウとラップ&ターンの関係性が
やっとわかりました(´∀`*;)ゞ

こちらの本は買った当初に全体を一読したきりだったのですが
あらためて読むと、英文パターンに関する情報の宝庫ですね。
「英文パターンハンドブック」はもちろんですが、こちらの本も
英文パターンで困ったときの強い味方になってくれそうです。


話が横道にそれましたが、初ショートロウのくつ下、完成しました!

IMG_1139.jpg

糸はまたもやカメレオンカメラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chameleon Camera(カメレオンカメラ)【防縮ウール75%・ナイロン...
価格:1522円(税込、送料別) (2018/3/12時点)


全体はcol.23 モザイク、つま先とかかとは単色にして切り替えのデザインにしてみました。
ベージュの単色糸は、カメレオンカメラソリッドのcol.106 アールグレイシフォンです。

IMG_1140.jpg

つま先は別糸でくさり編みを編んでそこから拾うのですが
私はこの別糸の作り目がキライ…というか苦手なのです。
まずくさりの裏山を拾うのが嫌いだし、あとからくさりをほどいて拾うのが苦手(//>ω<)

しかしこれも修行よということで、がんばってみました。
幸い先日購入した「編み出し糸」があったので、この糸でくさり編みを編んで
拾い目をしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【A-201】編み出し糸(太)毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸
価格:356円(税込、送料別) (2018/3/12時点)


いつもはその辺にあるコットンの余り糸でくさり編みするのですが
やはり"編み出し糸"としてあえて売っているだけのことはあるな、と感動しました!
糸に張りがあって、つるつるしているので、すごく拾いやすい!
あとでほどいて目を拾うのもやりやすかったです。

しかしこの糸、昔リリアン編みに使ってた糸に似てるなぁ。
100均とかに売ってないかしら?などと思ってしまう貧乏性のオバサンなのでした。


編み出し糸のおかげで、別鎖の作り目は楽になったとはいえ、
ショートロウのつま先は苦戦しました(>ω<)
本では1周64目だったのですが、そのままでは大きすぎるのが前回わかったので
56目に変更。
それに伴い引き返す目数も本とは変えねばならなくて、そこで混乱。
引き返す目数を途中で数え間違えて、最後でつじつまが合わなくなって
全ほどきして、作り目からやり直し…。。。


などなど紆余曲折を経て、やっとかかとにたどり着き、かかとについては
つま先とまったく同じなので、ラップ&ターンも難なくこなしてやれやれと思ったのですが…

…なんだかラップ&ターン部分の見た目が右側と左側で違うような…。
本の通りにしたつもりではありますが、そういえば段消しのところ
写真が小さくてローガン者にはキビシクて、針を入れる矢印もどこに入れるのか
ようわからんまま、これでいいやろ、みたいに済ませちゃったんだよなぁ…。

たまたまくつ下のサイズについて、itosakuさんの動画を見ていたら
関連動画に「wrap&turnの引き返しのかかと」というのがあったので
見てみたんです。



そして気づきました。
自分、完全に間違えていた、と。


合ってるほう(たぶん)
IMG_1144.jpg


間違ってるほう( /ω)
IMG_1141.jpg


表編みで、ラップした糸と2目一緒に編むところの針の入れ方が違っていて
ラップした糸が表に出ちゃってる状態になってました(//>ω<)

かかとだけでなく、つま先も当然間違ってるので直すなら全ほどきです。
しかしもう、つま先ですでにさんざん苦戦していたので編みなおすのが嫌で
どうせ自分用だし、初ショートロウ記念だし
という訳のわからない言い訳をして、このまま突き進むことにしました!

思えばmalukaを編んだとき、ラップ&ターンを使っていたしその時はちゃんと編めていたはずなのになぁ。
結局本の通り、見ながら編んではいたけど、身にはついていなかったということですね。

あと、本には「かかとに穴があきそうなときは」
という親切な写真付きの解説があるのですが、その通りにしてもどうも
穴があいちゃう感じ…というか、こちらも写真が小さくてよくわからなくて

結局自己流で、かかとが終わって休めた甲と合体する段で1目増やし
次の段で2目1度することで、なんとなく穴が目立たないようになりました。


IMG_1146.jpg

履き口はねじり1目ゴム編みで。
止めは本ではJSSBOでしたが、ねじり1目ゴム編み止めを会得したので
そちらで仕上げました。
2目ゴム編み止めはどうしても会得できなくて、本を見ながら首っ引きでやっても
間違えるので、2目ゴム編みだったら迷わずJSSBOで仕上げていたことでしょう。


サイズについて
前回少し大きすぎたので、小さめに仕上げるよう心がけました。
おかげで素足に履いてもジャストなサイズに仕上がって、大満足です.゚+.(・∀・)゚+.
itosakuさんの動画で見たとおり、実際の足のサイズ マイナス2cm位で仕上げるのが
いいのかな、と思います。



itosakuさんのくつ下動画、すごくすごくお世話になっております。
ほんとにくつ下編み初心者にとって、すべての動画がありがたきバイブルです。


ショートロウのくつ下について
かかとについては、マスターしてしまえば難しくないし、私の足にはフィットするし
なかなか良かったです。
ただつま先については、やはり別糸の作り目&拾い目が面倒。
前回編んだJudy式作り目のほうがぜんぜん簡単で、仕上がりも大差ないので
もうショートロウのつま先で編むことはないでしょう…たぶん。


使用糸:カメレオンカメラ(100g420m)
使用針:2.5mm80cm輪針
使用量:47g


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用

初めてのトゥアップ靴下ができました

すっかりごぶさたしてしまいました。

毎年春になるとブログから離れ、また秋冬になると舞い戻っていましたが
まさか冬真っ只中の1月に更新ゼロになるとは。
というか、今日で2月も終わってしまう…!!と思って
あせって更新しています(>ω<)

ブログは書いてなかったけれど、編み物はちょこちょこ編んでいました。
この冬は珍しく、自分のものをたくさん編んだかな?
それゆえに、販売用のものはほとんど編めなくて
minneのギャラリーも寂しくなってしまいました……反省。。。

先日カメレオンカメラを大人買いして、靴下にチャレンジ
そしてサイズが合わなくて挫折しておりましたが

無事、完成しました!

IMG_1123.jpg

大内さんの『つま先から編む、かんたん、かわいいくつ下』
の最初にのっている
「Judy式作り目+ガセットヒールのくつ下」です。
最初輪針2号(2.7mm)、1周62目で編んだら大きすぎたので
2.5mm輪針、56目で編み直しました。




IMG_1125.jpg

「Judy's magic cast on」で検索すると、動画もたくさんありますが
この本の写真を見ながらその通りにやると、ホントに魔法のように
つま先ができてきて、感動でした。


IMG_1124.jpg

かかとは増し目で編むガセット(マチ)パートと減らし目パートのセットで編むタイプです。
これも本の通りに編めば簡単なのですが、私は目数を変えたため
○○目編む、というのを自分の目数に換算せねばならなかったので
若干混乱しました。

それから減らし目が終わって、甲の休み目と合体して輪に編むところ
なんか穴が開きそうだなと思いながら、そのまま編んでしまい
案の定、穴が開いてしまいました(;д;)
裏から無理やり糸を引っ張ったりなどして、穴がないように見せかけることに
成功しました。
もう片方を編むときは、たぶん1目増して、次の段で2目1度の
操作をしたと思います。
(実は編み上げたのは2ヶ月位前なので、うろ覚えです)


IMG_1126.jpg

はき口のゴム編み。
本ではねじり1目ゴム編みのところ、普通の1目ゴム編みにしましたが
どうも目が広がってしまい、あまり美しくない仕上がりになってしまいました。
並太でハンドウォーマーなどを編むときは、あまり気にならないのですが
細い糸&針だと目立ってしまうのか?
裏目を編むときに、意識してきつめに編むと、少しましな気がしますが
ここは本の通りねじり1目ゴム編みにした方が良かったかも。

ゴム編みの最後は縫い止め(Sewn Bind Off)という手法が使われていましたが
普通の1目ゴム編み止めにしました。
結局とじ針を使うなら、たいして手間も変わらないかなと思ったので。

使用針: addi 2.5mm lace輪針(ソックロケッツ)
使用糸: カメレオンカメラ(03 リーフ)
使用量: 52g

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

addi メタル輪針【Sock Rockets】775-7(0号−5号)【ヨーロ...
価格:994円(税込、送料別) (2018/2/28時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[楽★エントリーでP5倍(3/1(木)00:00〜)]\【P20倍】FINAL追...
価格:1020円(税込、送料別) (2018/2/28時点)



あれこれ悩んだサイズですが、甲回りはいいのですが、足の底部分の長さが
ちょっと大きめに仕上がってしまいました。
ソックニッターさんのブログなどを読んで、くつ下は実際の足サイズより小さめに
しないとゆるくなる、という知識はあったので
1cm位小さめに仕上がったのですが、素足で普通にかかと部分をを合わせて履くと
つま先が1cm位?もっと?余る感じです。
コットンのくつ下と重ね履きすると、ちょうどよいので
これは重ね履き用に活用したいと思います。

手編みのくつ下、ほんとにあったかくてふんわり足を包む感触がいいですね!
初トゥアップくつ下、編むのもとっても楽しかったです。
段染めのソックヤーンで次々に柄が現れるのがワクワクするし
段数を数えなくても柄さえ合わせれば、自然と左右同じに出来上がるのがすばらしい!
(実は段数、目数を数えるのが嫌いです)

そしてそして、糸始末が少ないのが嬉しい。
編み終わりはゴム編み止めなので、そのままとじ針で始末。
あとはつま先の糸だけ!

くつ下編み、楽しすぎてはまりそうです。
実は、カメレオンカメラくつ下第2弾もできているのですが
また、写真が撮れたらブログにUPしたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
Theme: 編み物 | Genre: 趣味・実用